閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「恋の骨折り損」(1999)

【DVD発売中】

69点69
シェイクスピアの同名恋愛戯曲を、「ハムレット」「から騒ぎ」のケネス・ブラナーが映画化。華麗な歌とダンス満載で、男女8人のラブ・ロマンスをコミカルに描いていく。

あらすじ

1939年。ナヴァール王国の若き王(アレッサンドロ・ニヴォラ)は、三年間学業に専念するため、学友のビローン(ケネス・ブラナー)、ロンガヴィル(マシュー・リラード)、デュメーン(エイドリアン・レスター)と共に、三年間の女人禁制の誓いをたてる。そこに病床にある父王の代理として、フランスの王女(アリシア・シルヴァーストン)が、お付きの美女キャサリン(エミリー・モーティマー)、ロザライン(ナターシャ・マケルホーン)、マライア(カルメン・イジョゴ)を連れて交渉にやってきた。固い誓いもどこへやら、男たちは一目で恋に落ちてしまう。彼らは美女たちをモノにすべく、一致団結。しかしフランス国王の訃報が届き、王女たちは帰国しなければならないことに。彼女たちは男たちに、12か月後も恋心が変わらなければ愛を受け入れると言い残して去っていく。時代は第二次世界大戦に突入していた。 【キネマ旬報データベースより】
原題 LOVE'S LABOUR'S LOST
製作年 1999年
製作国 英=米
配給 アスミック・エース
上映時間 93
公開日 2000年12月16日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する