閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「血とダイヤモンド」(1964)

0点--
3億円を超えるダイヤの原石を4人組のギャングが強奪した。その一人、小柴は脇腹に銃弾を受け、一味は医者を探しながら逃走するハメに。ダイヤを以前から狙っていた別のギャング団や、保険会社からの報酬が目当ての悪徳私立探偵も追っ手に加わる。おまけに、小柴がダイヤを独占しようと企んで……。登場人物、みな悪漢という乾いたアクション。

あらすじ

神戸税関から運び出された三億六千万円のダイヤの原石が四人組のギャングに強奪された。犯人は刑務所仲間の小柴と跡部、それに会社の金を横領した手代木と小柴に拾われた風来坊ジローの四人だ。小柴は逃げる際、ボディーガードが撃った銃弾を右胸部にうけた。一方小柴たちより先きにダイヤ強奪を計画していた宇津木を首領とするギャング団は、思わぬ伏兵に横取りされたことに激怒し小柴一味探索にのり出した。小柴は空家のガレージの中に身を隠し宇津木の子分と通じるウェイトレス利恵を使って、ダイヤを処分する機をうかがっていた。しかしこの強奪計画を事前に探知していた男がいた。悪徳私立探偵黒木だ。黒木は、このダイヤに保険をかけている、保険会社代理人ポールから情報を得、ダイヤ奪還の報酬に七千万円を要求した。一方ガレージに身をひそめる小柴の容態は悪化し、手代木とジローは医者を探しに出かけた。それを見た小柴は金を独占しようとし、残る子分跡部をなぐり倒し、ダイヤを持って故買屋の崔が待つ球場裏にいった。しかし来たのは子分楊で、ふとしたもつれから楊を射殺した。このことを察知した黒木は現場にかけつけ五千万円で小柴と取引しようとしたが、小柴に拳銃を突きつけられ、利恵と共にガレージに連行された。そこには秋津医師と娘津奈子が監禁されていた。小柴の手術は成功したが、余病の破傷風を引きおこした。これを見た利恵は小柴にみきりをつけ黒木と結託し居所を宇津木に内通した。ガレージに迫った宇津木一味と小柴一味の凄絶な拳銃戦が始った。しかし状況からダイヤが自分のものにならないと判断した黒木は、警察に密告し、一味は全滅した。黒木はまた次の獲物をねらって歩き出した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1964年
製作国 日本
配給 宝塚映画
上映時間 96
チケット 前売りチケットを購入する