閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ピンクリボン」(2004)

【DVD発売中】

48点48
『≒〈ニア・イコール〉森山大道』でデビューを果たした新鋭、藤井謙二郎監督の最新ドキュメンタリー。これまで検証されることのなかった“ピンク映画“の歴史と現在を、高橋伴明や若松孝二ら監督や関係者のインタビューを交えながらたどる。日本映画史のアナザーサイドが見えてくる1本だ。

あらすじ

監督・藤井謙二郎は、かつての日本映画界の「縮図」と言われるピンク映画のプロデューサー、監督、俳優、配給、興業関係者たちにインタビューを試みる。冒頭、黒沢清監督がかつて高橋伴明監督の紹介を受け、デビュー作の「神田川淫乱戦争」を撮ったことを語る。若松孝二、渡辺護、井筒和幸監督らが語るピンク映画の歴史は、まさに現代日本映画史の裏側と言っても過言ではない。小林悟監督の「肉体の市場」(62)に始まると言われるピンク映画の歴史は、2005年には生誕43周年を迎える。数百万円という低予算、平均3日程度しかない撮影日数、しかも35ミリフィルムによる撮影という過酷な状況で製作されるピンク映画は、日活ロマンポルノの誕生から衰退、ピンク映画最大の脅威であるアダルトビデオの普及を横目に見ながら、たくましく生き延びている。現在も年間90本もの新作を製作・公開し、日本映画の製作本数の約3分の1を占めるその存在は、驚異的としか言うほかない。今でも都市の一角に、ピンク映画上映館はしっかりと存在しているのである。プロデューサー、俳優、配給、興業関係者など、この映画では監督だけでなく、ピンク映画を支えてきた多くの人々の姿と、彼らの映画への「知恵と情熱」が記録されている。また、気鋭のピンク映画の監督である女池充監督や池島ゆたか監督の撮影現場に密着し、その製作過程に迫る。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2004年
製作国 日本
配給 アップリンク
上映時間 118
公開日 2005年5月14日(土)公開
カテゴリ ドキュメント
チケット 前売りチケットを購入する