閉じるボタン

「暴れん坊森の石松」(1959)

70点70

あらすじ

ノンキな一人旅をつづける森の石松は、ある夜、傷ついた伊太郎という渡世人を助けた。彼は親の仇の左手を傷つけながら、返り討ちにあい、仇の名は“森の石松”といって息絶えた。偽の石松に激怒した本モノの石松は二人の仇を討つことを誓った。石松の行く先々で偽石松が出現してビックリ仰天、旅役者尾上歌右衛門と年増女・お美濃は石松夫婦とシャレこんだ。これが石松にみつかって懲められた。歌右衛門は黒駒一家の地元で“石松売り出す”という芝居を出した。黒駒一家が殴り込み、石松がそれを助け、大乱闘となった。その頃、次郎長の家では江戸の侠客新場の小安が、次郎長と石松の評判のことで心配していた。一方、石松は街道筋でおしのという可憐な娘を知った。彼女は死んだ伊太郎の恋人で、事情を聞き、石松と一緒に仇を討つことになった。箱入娘のおしのは旅の疲れで倒れた。これをみた貧乏ヤクザ勝五郎が、昔、次郎長に世話になった恩返しに面倒をみた。姉輪の為三はおしのの父で親分の仇と誤解して、石松に斬りつけた。誤解はすぐにとけた。そこに偽石松がいる報せが入った。石松がかけつけた留守に、おしのは何者かに誘拐された。彼女を古寺に連れこんで乱暴しようとした男、これこそ彼女の父や伊太郎の仇・黒駒一家のやらずの金三だった。彼こそ偽石松の張本人でもあった。危機一髪、そこに通りかかったお美濃がおしのを救った。石松は昔救ったことのある無理の石松から次郎長一家を名乗る押込み強盗が出没していた。怒った黒瀬の配下放れ駒藤蔵にかけあいにいった。そこでお美濃に会った。彼女はおしののことと、駒蔵が強盗であることを次郎長に知らせた話をした。次郎長一家と放れ駒一家は対決した。もとより次郎長の敵ではなく、金三は討たれ、強盗も捕まった。お美濃も尋ね人・無理の石松と再会できた。喜びあう一同の笑顔に送られ、石松はまた旅立って行った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 100
チケット 前売りチケットを購入する