閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「地獄門」(1953)

【DVD発売中】

62点62
イーストマン・カラーを使用した最初の作品。原作は菊池寛の『袈裟の良人』で、1950年の「羅生門」のヴェネチア映画祭金獅子賞受賞により勢いに乗る大映が、海外受けを狙って作った作品。時は平清盛全盛の頃、清盛の留守を狙い反清盛派が都で乱を起こす。平康忠は上皇とその御妹上・西門院を救うため、身代わりの女・袈裟を荷車に乗せ、その警護を盛遠に任せる。盛遠は任務を果たすが、袈裟に惚れ、彼女の夫との間に確執が起こる……。絢爛たる時代絵巻といった印象で、色鮮やかな美術や衣裳は、色彩指導に画伯の和田三造を起用しただけに、見事である。

あらすじ

平清盛の厳島詣の留守を狙って起された平康の乱で、焼討をうけた御所から、平康忠は上皇と御妹上西門院を救うため身替りを立てて敵を欺いた。院の身替り袈裟の車を譲る遠藤武者盛遠は、敵をけちらして彼女を彼の兄盛忠の家に届けたが、袈裟の美しさに心を奪われた。清盛派の権臣の首が法性寺の山門地獄門に飾られ、盛遠は重囲を突破して厳島に急行した。かくて都に攻入った平氏は一挙に源氏を破って乱は治った。袈裟に再会した盛遠は益々心をひかれ、論功行賞に際して清盛が望み通りの賞を与えると言った時、速座に袈裟を乞うたが彼女は御所の侍渡辺渡の妻だった。然しあくまで彼女を忘れえない煩悩に苦しむ盛遠は、加茂の競べ馬で渡に勝ったが、祝宴の席で場所柄を忘て渡に真剣勝負を挑み、清盛の、不興を買った。狂気のようになった彼は刀をもって袈裟と叔母の左和を脅かす。従わねば渡の命が無いと知った袈裟は、夫渡を殺してくれと偽り、自らその身替りとなって命を失った。数日後、頭を丸め僧衣をまとった盛遠は、都を離れて苦悩の旅に出て行く。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1953年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 88
チケット 前売りチケットを購入する