閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「忘れるものか」(1968)

0点--
不可解な死を遂げたとされる親友の謎に迫る男を石原裕次郎が演じたサスペンス・アクション。親友の津村が死んだと聞かされた岡部は、京都に戻り調査を開始する。津村と敵対関係にあった暴力団・尾形一派を怪しいとにらんでいた彼は、やがて昔なじみの新聞記者から容疑者を教えられるが……。

あらすじ

岡部司郎が京都に帰って来たのは、親友津村が謎の死をとげたと聞いたからだった。司郎は早速津村の妻夕子や司郎の弟分ケンを訪ねたが、依然ナゾのままだった。しかし、津村を敵視していた暴力団尾形一派が、重要なカギを握っているとみてとった。やがて、昔馴染の新聞記者鴨沢に会った司郎は、容疑者の一人巽を教えられた。だが、司郎が追うと何者かに射殺されてしまった。そんな折、ケンの恋人かおるが司郎に津村がバーのマダムのルミと関係していたと知らせて来た。しかしルミはとぼけるばかりだった。そして、鴨沢の勧めで会おうとした小野も殺されてしまった。こうなっては、直接夕子から聞きだすより他なかった。司郎は夕子を追って津村のマンションへ来た。そこには鴨沢がおり、夕子は、もう一日待ってくれと言うのみだった。司郎は比叡山へ向ったルミを追った。その彼女を待っていたのは津村だった。だが、司郎は尾形の殺し屋に襲われ二人を逃がしてしまった。やがて、鴨沢は司郎にことの一切を吐いた。津村が尾形一味の密輸現場を隠しどりしたこと。津村を消しそこねた尾形が逆に五千万円の取引を迫られたこと。そして今日がその日だった。取引場所の津村のマンションへかけつける途中、ケンが殺し屋の兇弾に倒れた。マンションでは、津村と尾形が相対していた。そこへ司郎が飛込み、席は大混乱になった。津村は金を持って逃げ、司郎は尾形たちのはげしいリンチを受けた。その時、再び姿を現わした津村が司郎を助けた。だが、津村は一味に射殺されてしまった。尾形らは突入した警官隊に逮捕されたが、司郎の前には、本当に息絶えた津村が横たわっていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
配給 日活
チケット 前売りチケットを購入する