閉じるボタン

「雌が雄を喰い殺す・かまきり」(1967)

100点100

あらすじ

元華族の血筋をひく京子が、五十歳を越えた軍平と結婚したのも、観光会社の社長軍平がもつ二十億の資産にひかれてのことである。だから、軍平が妾に生ませた娘みどりを引取ることにも不服は唱えなかったし、ファッションモデルの令子、バーのマダム雪江など十数人の妾を持っていることも黙認していた。しかし、みどりもしたたか者で、軍平の秘書山岡と肉体関係を持ちながら財産を狙っていたのだ。ある日、軍平が胃に変調を感じて中条医師の診断を受けたが、中条はかつての京子の恋人だったから、京子の指示通り、軍平が胃癌であると告げ、偽のレントゲン写真を見せた。ショックを受けた軍平は全部の妾と手を切った。その真相を中条とベッドを共にしながら訊き出したみどりは、京子を問いつめるが、逆に言いくるめられてしまった。そんな時、みどりは彼女の本当の父花山を殺した。軍平の子でないと分ると遺産が貰えなくなるからだ。一方、京子は抜け目なく、みどりの殺人直前の対話をテープにとっておいた。また軍平の方は、癌ノイローゼになりながらも、新しい秘書しのぶに夢中になっていた。死ぬまでに処女を抱くというのが彼の悲願なのだ。やがて、しのぶが一途に思いつめた軍平に身を任せた時、軍平は全財産はしのぶにやると約束した。しかし、しのぶもまた軍平の財産を狙う女だった。ある日、しのぶのマンションでガスが洩れ、軍平は死んだがしのぶは助かった。これはしのぶが生命をかけて仕組んだものだが、誰にも感づかれなかった。その結果遺産がしのぶのものになると知った京子とみどりは、遺言状無効の訴えをしようとしたが、二人の軍平殺害の共同謀議を、しのぶの恋人の電気屋によってテープにとられていたため、あきらめなければならなかった。しかし、しのぶにはしてやられたが、京子とみどりは正式の養子縁組をして、次のカモを狙うのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1967年
製作国 日本
上映時間 92
チケット 前売りチケットを購入する