閉じるボタン

「牡丹と竜」(1970)

80点80
人斬りの竜は妻に死なれ、残された子・竜夫を連れ旅に出る。彼は道中出会ったテキヤの親分・平蔵に侠気を惚れられ、身を預けることになる。マキノ雅広監督の熱血任侠映画だが、同監督が1966年に撮った「日本侠客伝・斬り込み」のほぼ忠実なリメイクとも言える内容である。

あらすじ

昭和初期。人斬りの竜と異名をとる最上竜一は、大場の親分を斬った。時を同じく女房おりんに死なれた竜一は、残された子供竜夫を連れ、おりんのかたみの牡丹の花を持って旅に出た。竜夫の急病で金に窮した竜一は、テキヤの親分船越平蔵に身を売った。平蔵は竜一の侠気に惚れて大金を与え、竜夫は助かった。平蔵は、竜一にやくざをやめてテキヤになれと推めた。死んだおりんそっくりの平蔵の娘お弓に竜夫を預けて、竜一は、震災後の東京新宿へやってきた。頼った神源一家はなくなっていたが、テキヤ幸次郎や金次らの若手が新しい露店商組合設立に懸命だった。竜一は彼らに協力した。黒沼沼組という新興やくざが商人を苦しめていた。竜一も痛い目に会ったが、じっと我慢した。幸次郎は、テキヤの花川親分に黒川へのとりなしを頼み、黒沼も花川の申し出をしぶしぶ呑んだ。しかし、陰険な黒沼は、他の者を使って露店を壊させた。この間題は、テキヤの総会にかけられその席上、黒沼の客人猪熊は、竜一の素性を暴露した。そして三千円を出せば手を引くという。それを聞いたお弓は芸者に身を売り、竜一も飯場で働き、金を作った。黒沼は遂に、最後の手段に出た。花川を暗殺し、猪熊の仕業といいふらした。怒った竜一は花川から貰った名刀の封印を切ると黒沼組へ乗り込んだ。幸次郎、金次も後に続いた。猪熊と黒沼は朱に染まって倒れた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1970年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 100
チケット 前売りチケットを購入する