閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「望郷と掟」(1966)

0点--
野村芳太郎監督・安藤昇主演による“掟“ものシリーズの第3作。密輸組織のために実刑をくらった主人公は、出所後仲間を集めて組織から金塊を強奪する。スリリングなアクションの連続。この“掟“ものは大ヒットした「血と掟」を皮切りに全4作が作られた。

あらすじ

誰も待つ人も、迎える人もいない姿婆へ相良は二年ぶりで出た。相良はかつて税関の下級職員であったが、ふとしたことから密輸に手を染め、組織の責任を負って獄中にあったのだ。再び神戸にやって来た相良は、彼を売った密輸金塊王、劉と相良の恋人あさみを捜した。だが相良は相良の後を劉の命令でつける配下の者に、拉致された。一方、神戸の埠頭では、バラケツ留次と崔の気風の良さに目をつけた劉の配下山根が二人を密輸組織に誘い込んだ。仕事は密輸金塊の運びに時をかせぐ囮であった。その頃、相良はぬけ出して、大胆にも劉の店に顔を出した。だが出て来たのは意外にも変わり果てたあさみであった。あさみは相良と別れてからは劉にしばられ、麻薬で身心ともにもちくずしていた。相良は罠とは知りながら、深夜の遊園地であさみと会った。だがそこへ走って来た車から相良にむけて弾が飛んだ。一味の中に昔の仲間の山根を見つけた相良は、山根を追い、近く金塊の沖取りを劉の手で行なうことを聞いた。その頃長谷川刑事部長を中心とした県警は、密輸の核心に迫るべく活発な動きを見せていた。相良は計画を練り、劉の金塊を横取りするため、山根を通して留次、崔、榊を仲間に加えた。この三人は、密輸にそれぞれの人生をかけていた。留次は、恋人和江と結婚する夢、崔は韓国へ帰る夢、そして榊は昔のシマに店を出したかった。当日劉一味の取引は成功した。だが劉を裏切った山根の計略で、相良らは金塊を劉一味から奪うことに成功した。だが山根の挙動に不審を抱いた劉の拷問で、山根の口から相良のアジトが知れた。怒った劉は崔と榊を殺した。相良と留次は劉を捜して街へ出た。ちょうどその日は、和江と留次の夢を実現する日であった。だが留次は、劉の弾で最後を遂げた。相良は劉を射つと、留次を乗せて、花嫁の待つ六甲へ車をとばした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1966年
製作国 日本
配給 松竹=CAG
上映時間 88
チケット 前売りチケットを購入する