閉じるボタン

「炎のごとく」(1981)

46点46
遺作「ざ・鬼太鼓座」がドキュメンタリーのため加藤泰にとっては最後の劇映画。男と女の情念をチャンバラや任侠の世界に描いてきた加藤の集大成とも言える名作である。会津の小鉄と異名をとる一人の博奕打ちが瞽女・おりんを愛しながらも新撰組の近藤勇と出会い、幕末の動乱の中に身を投じていく様をダイナミックに描いてみせた。ワンカットにつき、時には4時間もかけて粘って画面を作った加藤の演出は、TVのインスタント時代劇には見られない骨のあるものを生み出した。

あらすじ

大阪の島ノ内の大物問屋・丹波屋の仙吉は無鉄砲で血の気の多い性格から人を殺してしまい、大阪を追放されて、博奕打ちとなって放浪していた。追放も三年を過ぎた頃、仙吉は賭場のいざこざから深傷を負い、離れ瞽女のおりんに助けられる。おりんの優しさに心打たれる仙吉。やがて二人は結ばれた。仙吉はおりんを伴って幕末の京都に向かい、人足口入れ業の大親分、大垣屋清八のところに草鞋を脱いだ。暫くの間、二人の幸せな日々が続いた。ある日、賭場荒しの胸毛のジャガラを殺して、清八から目玉を喰った仙吉は、面目を回復するために、鴨川の河原に賭場を開いた。ところが、鴨川は京都を二分して大垣屋と張り合う名張屋新蔵のシマであった。その夜、くさった仙吉は酒を飲んで眠ってしまう。そこへ、名張屋の子分がやってきて、仙吉に殴りかかり、身を挺して守ろうとしたおりんは殺されてしまう。組と組とのいざこざに、仇敵を打つこともできない仙吉は、ただ号泣するだけだった。その頃、京都は松平容保が入洛その配下に新選組が組織され、仙吉の旧友山崎もその隊士であることから、若い隊士の佐々木も仙吉のところへ出入りするようになった。佐々木は、仙吉の身の回りの世話をする同じ長屋の娘あぐりと恋仲になっていく。仙吉は、今や清八の身内同然の扱いをうけ、大垣屋の頭格になっていた。清八は会津藩松平容保に仕えていたことから、仙吉も会津の小鉄の異名を取っていた。ある日、仙吉のところへ、幼なじみのお富が女房にしてくれとやってきた。丹波屋を取り仕切る仙吉の祖父のはからいだ。お富の愛情はいたいほど分る仙吉だが、おりんのことがどうしても忘れられない。新選組の好色漢、芹沢鴨があぐりを妾にしようとして、反抗した佐々木は殺されてしまう。あぐりも佐々木を追うように死んでいった。近藤勇は粗の規律を保つため、芹沢の暗殺を企てる。近藤と仙吉は同じ刀“虎鉄”を持っていたことから、二人に何らかの友情が生まれていた。数日後、人斬り以歳が捕えられ、新選組の池田屋襲撃により、勤王の志士たちが斬殺された。そして、長州軍の報復がなされ、京都は火の海と化す。蛤御門の変である。それは徳川の“葵”の崩壊の兆しであった。仙吉は呆然と焼野原の京都を見つめていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1981年
製作国 日本
配給 大和新社
上映時間 147
チケット 前売りチケットを購入する