閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「旗本退屈男」(1958)

【DVD発売中】

52点52
市川右太衛門の映画出演300本を記念してオールスター・キャストで製作されたシリーズ第23作。伊達藩の当主・忠宗の狂態振りを伝え聞いた早乙女主水之介こと旗本退屈男が乗り出してくる。顔見せという言葉がピッタリの超豪華なキャスティングに注目。

あらすじ

伊達の当主忠宗は連日お浜御殿で酒色にひたっていた。一年ほど前までは名君のきこえ高かったのに。彼は奥山大学に女狩りを命じた。その狂言は名取権現の人身御供として村の娘お妙をさし出させることだ。“旗本退屈男”主水之介がその現場に来合わせ、曲者をあしらい、その落して行った印篭を拾った。竹に雀の伊達家の紋。−−主水之介は妹菊路・出入りの町人揚羽の蝶次・横這いの円太・のっそりの弥八・一念堂一徹を連れて何故か奥州への旅をしていたのだ。彼はもと屋敷にいたおたきの江戸屋の別宅に着き、早速活動を始めた。伊達一族の伊達兵庫と重役原口刑部がお家乗っとりを企り、大名取潰しを企る幕府の国目付役榊原監物も一枚加っていることが判った。伊達家の世継・鶴千代が突然発病した。それは兵庫の手下・典医道白の仕業だったが、乳母浅岡や侍女浪乃・その兄の義父松崎・重役角倉らの働きで、鶴千代は回復した。忠宗は女狩りの手を、松崎の娘・百合江にまで延した。彼女の許婚者・浪乃の兄新兵衛はそれが殿の仕業と知ったが、主水之介にはシラを切った。忠宗の身をおもうあまりである。忠宗には、幕府の命で、忍者甲賀三郎兵衛のひきいる甲賀組と忍者百百地三之丞のひきいる伊賀組がついていた。蝶次が監物らの会議を盗みぎき捕えられた。事の急を知った彼らは、三郎兵衛らに鶴千代を襲わせたが、無邪気な鶴千代に三郎兵衛は殺すことが出来なかった。主水之介は道白を捕え、一味の連判状のありかを知る。三之丞は奥山から主水之介殺害を命ぜられ、彼と対決するが、逆に一味と連がりを持つ老中酒井にあやつられていると説得され、三郎兵衛ともども、彼に従う。円太と弥八は連判状を盗み出し、蝶次を救った。主水之介は彼らを連れ、お浜御殿へ乗りこむ。が、実のところ忠宗は大老酒井一味の陰謀を知り自から暴君をよそおって成り行きを見ていたのであった。女狩りも、それで民意と家臣の意を計ろうとする手段だったという。主水之介は将軍の秘命をうけて実情をさぐりにきたのだった。そのとき、刑部らが角倉らを襲った知らせが来た。主水之介は三郎兵衛らを連れて駈けつけ、悪人どもを減したのである。−−事件は終り、江戸へ向う主水之介らを忠宗らは晴れやかに見送ったという。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 東映=東映京都
上映時間 108
チケット 前売りチケットを購入する