閉じるボタン

「日本女侠伝 激斗ひめゆり岬」(1971)

【DVD発売中】

70点70
復興途上の沖繩を舞台にした一編。運送会社の女経営者・与那嶺ゆりは、母親の郷里新城部落の悲惨な現状を立て直そうとする。しかし、悪らつな岩松組の妨害にあい仕事ははかどらない。岩松組の客分として迎えられた中上鉄は、岩松組の卑劣なやり口に反発し、ゆりの側につく。

あらすじ

与那嶺ゆりは、戦死した両親の意志をつぎ、運送会社を経営していた。ある夜、暴力団岩松組にからかわれていた花売娘を助けたことから、ゆりの母親の郷里新城集落の悲惨な現状を知る。しかし、集落をたて直すためには岩松組のルートを通さねばならない。だが岩松組はスクラップの中に日本軍の九六式榴弾が混っていることを知ると横取りを計画した。そんな時東京の中上組々長中上鉄が岩松組の客分として迎えられたが、岩松の卑劣な手段に反撥していつしかゆりの作業に協力をするようになった。一方、ゆり、中上殺害に失敗した岩松は、中上がパスポート偽造入国であることをMPに密告し、再び新城集落を襲い厳重な強制労働を強いた。中上は、東京から迎えにやってきた子分の秀に東京へは戻らぬ決意を告げ、ドスをふところに単身新城集落へ向う。秀から一部始終を聞いたゆりは、社員の当間をつれ、中上の後を追う。新城集落では岩松組との凄惨な死闘が展開する。当間の犠牲でバリケードを突破した二人は死にもの狂いで岩松を追いつめ、刺した。米軍憲兵隊に連行された二人だが、事件の一切の罪を被った中上はMPによって銃殺された。かなしみにうちしおれたゆりは、沖縄の別れの曲“花風”を愛をこめて無心に舞いつづけた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1971年
配給 東映=東映京都
チケット 前売りチケットを購入する