閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「時には娼婦のように」(1978)

0点--
なかにし礼の同名ヒット曲をモチーフに、本人が脚本・音楽・主演を引き受けたロマンポルノ。ポルノ小説の翻訳家・良介は妻との愛に安住できず、怠惰な放埒を繰り返すうちに胸を患い不能になってしまう。そんなある日、雨の公園で見かけた若い狂女に、良介は自身の青春の傷跡を重ねていくのだった。

あらすじ

良介はチンピラ、十郎の恋人と関係してしまい、それを知った十郎は良介の恋人、真理子を強姦してしまう。彼女はそのショックで気が狂い、良介の捨て鉢の人生が始まる。やがて良介はマコと結婚するが、ある時、胸の痛みに襲われ入院する。彼はマコを抱いてやれない己れに、憎悪と悲しみを感じた。やがて退院した良介は、マコと交わっていると、又しても胸の痛みに襲われ病院に運ばれる。病院をぬけだした良介は雨に濡れながら歌っている狂った少女を見た。真理子を想い出した良介は少女を部屋に連れて帰る。そして三人の奇妙な共同生活が始まる。妊娠したマコは良介の留守に少女を連れだし、青森の精神病院に入れてしまった。マコは良介に過去を捨てて平凡な夫婦生活を夢見てほしかったのだ。事情を知った良介は、マコの妊娠も優しさも知らず部屋を飛びだし、青森へ向かった。ねぶた祭りに酔う町の中を良介は少女を捜し求めた。再会した少女はすっかり荒れはて、真理子のイメージは消えうせていた。良介は東京に帰るが、マコは変っていた。二人の愛はすれちがい、別れを迎えるのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1978年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 92
チケット 前売りチケットを購入する