閉じるボタン

「続・サラリーマン忠臣蔵」(1961)

73点73
「サラリーマン忠臣蔵」の後編。丸菱銀行頭取・吉良剛之介へのうらみを胸に、大石良雄らは“大石商事“を設立。苦しい財政のなか、妻を実家へ帰してしまうなど、道は険しい。12月14日、吉良との決戦の株主総会がやってきた。

あらすじ

貸ビルの一室を借りて大石商事は発足した。赤穂産業からも同志の社員が続々と参加、もとエレベーターガール堀部安子も加わり、その数は四十七名に達した。社長大石良雄はア、マン紹介の特許を売りこむため、天野化学の肥後常務を、才子の経営するクラブに接待した。だがヌラリクラリで一向にラチがあかない。大石はそこでもとタイピストの軽子が働いているのを見て驚いた。軽子は夫の早野寛平が定五郎殺人事件未遂で起訴され、やむなく浮草稼業をしているのだった。商談が成功せず、給料も払えぬ苦境に陥った大石は、自分の邸宅を売払い、妻の律子を実家へ帰してしまった。自分は寺岡の下宿に転がりこんだ。息子の力は、小奈美との恋に邪魔が入り悩んでいた。小奈美の父大野常務のたくらみで、吉良の親戚上杉家との縁談が進められていたのだ。商工会議所にまで手をのばした吉良の妨害で商談はすべて失敗、大石商事は苦境のどん底にあえいだ。寺岡は肥後が軽子に惚れているのに目をつけ、軽子に肥後の言うことを聞くよう頼んだ。軽子は夫ある身、聞き入れるわけにはいかない。同じアパートにいる才子は、ひたむきに会社を心配する寺岡に心をひかれた。最後の道は、天野化学社長・天野義平にじか談判することだっだ。意外、天野は即座に契約を取りかわした。肥後は吉良の秘書伴内に買収され、今までの商談を取りついでいなかったのだ。会社の成績は急上昇した。大石は赤穂産業株の買占めにかかった。十二月十四日、雪の降る日だった。大石は社員一同をそばや「山科」に集合させた。赤穂産業の株主総会にのりこみ、吉良社長の退陣を迫る本心をうちあけた。株主総会は大荒れとなった。「山」と「川」の合言葉で攻防を展開する大石の作戦は遂に吉良を押しまくった。大石商事は赤穂産業と合併、大石は専務に返り咲いた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 110
チケット 前売りチケットを購入する