閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「太陽の法/エル・カンターレへの道」(2000)

69点69
製作総指揮も手掛ける、大川隆法の同名ベストセラーを劇場アニメーション化。大宇宙の創生、人類の誕生にまつわる秘められた神話を、スケール感のある映像で描いていく。

あらすじ

今から400億年前、三次元宇宙を創造した根本仏は、それからおよそ345億年の後、金星でのユートピア建設の実験を終えると、その隣の惑星である地球に人類を誕生させた。ところが、マゼラン星雲から来た指導者・ルシファーの堕落によって、地上世界は地獄霊に毒されてしまう。そこで、地球系霊団の最高大霊であるエル・カンターレは、自身の6人の分身を降臨させて、地上を光で満たすことを決意する。こうして、ムー大陸にラ・ムーが、アトランティス大陸にトスが、古代インカ帝国にリエント・アール・クラウドが、ギリシャにオフェアリスとヘルメスが、インドにゴータマ・シッダールタがそれぞれ降臨し、文明を輝かせた。そして、霊鷲山で仏陀となったゴータヤ・シッダールタは、人類はエル・カンターレの分身と共に魂の輪廻を繰り返して来たことを弟子たちに語り、2500年後の現代、東の国(日本)で再び『太陽の法』が説かれることを予言する。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2000年
製作国 日本
配給 東映=幸福の科学出版
上映時間 104
公開日 2000年10月28日(土)公開
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する