閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ギャング同盟」(1963)

【DVD発売中】

0点--
深作欣二監督が、シリアスなハートボイルド調に徹して撮り上げたギャング映画。刑務所帰りのやくざ者、風間は、かつての縄張りを奪われたことから、組織の大物を誘拐して身代金をせしめようと画策。かつての仲間を集めて計画を遂行し、身代金を要求する。だが、風間らのアジトは、たちまち一味の殺し屋たちに包囲され、壮絶な銃撃戦が起こる。

あらすじ

出所してみると折角作った縄張りは他人に奪られ、頭に来た風間は新しい組織のボスを誘拐して六千万円をふんだくることにした。仲間は高木、楠と柾江の夫婦、志賀、それに組織の事務局長に納まっている尾形。流しのジョーはアフリカへ渡るからと参加しなかった。会長の岸田が大きな取引のために出向いて来て、その段取りが尾形に任されるという願ってもないチャンスが来た。計画を綿密に練りいよいよ当日、楠と柾江にホテルを取りまく護衛の注意を惹かせ、志賀は車を用意した。風間と高本が銃で威嚇しながら岸田の部屋に飛込み、娘の秋子も一緒にまんまと連れ出しに成功した。二人をアジトに隠すと社長の宮島に六千万円を要求した。岸田は一言も喋らないし秋子には小僧っ子扱いされるし風間はいらいらしたが、秋子は魅力のある女だった。宮島の返事がきて風間と高本は出向いたが待っていたのは殺し屋だった。危うかったが、ジョーが囲みを破って車をまわしてくれた。仲間は怒って父娘を殺せと騒いだが風間は許さず、そんな所へ身許のバレた尾形が逃込んで来た。四十人ばかりの殺し屋が後を追って来て、彼らは完全に包囲された。金を出せば父娘を返すと宮島の許へ伝えに行った尾形が殺されると、柾江が岸田を連れて逃げようとした。その柾江を楠が射ったのが動機で、ものすごい拳銃戦となった。殺し屋達がコロコロと転がり、一味も続々とやられた。風間がダイナマイトを積んだ車を殺し屋達のド真ん中にぶち込んですべては終り、残ったのは彼と秋子だけだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1963年
製作国 日本
配給 東映
チケット 前売りチケットを購入する