閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「喜劇 女生きてます」(1971)

0点--
幼なじみであるヤクザの男と一杯飲み屋を始める女、短大出のインテリであるが女は結婚が何よりという持論を持つ女、美人だけど頭が弱く男の慰み者にされる女など、様々な踊り子たちの哀歓が描き出されている。粗野で泥臭く、スマートな喜劇ではないが、踊り子たちが巻き込まれる事件の数々は、怒りとともに笑いとなって、観る者の心にズシリとした感動を与えてくれる。“立て、飢えたる者よ……“と歌いながら肩をいからせて歩くヒモ(橋本功が好演)の姿が印象深い。

あらすじ

金沢と竜子夫婦が経営するお座敷ストリッパー幹旋所「新宿芸能社」は、竜子が万事取り仕切っている。ストリッパーの一人、好子には梅本というヤクザのヒモがいて、刑務所からでてきた日、竜子に「よくも女房の裸を他人に見せてくれたナ」とどなり込んでくるが、女房を養えるような男ではなし、また竜子のところで働かす破目になる。しかし、前借はするわ、好子の踊っている座敷に暴れ込んでくるやらで、これでは好子が可衰想と、竜子たちが別れさせようとするが、肝心の好子が煮えきらない。二人とも孤児院育ちということが深い結びつきになっているらしい。そんなある日、新人が入ってきた。短大出のインテリ、幾代で、金を貯めるには衣裳代がかからないこの商売が一番と強引に住み込んでしまう。以来、「新宿芸能社」の話題も政治や科学問題に及び、エロ話好きの金沢をくさらせる。また一人入ってきた。ポチと呼ばれる天使のように素直な、だが少々頭が足りない美少女だ。そのポチがきた頃から、梅本の悪も一段と向上し、近所の人から恐喝まがいに金をとったり同じアパートの女と浮気したり子分とのマージャンの負けを好子の体で払おうとしたり。だが好子は梅本の子を宿していた。梅本がヤクザから足を洗わない限り、子供など生める訳がないと悟った好子は中絶するが、まだ病院を離れられない好子に、ストリップで稼げという。さすがの好子も竜子のもとに逃げ込んだ。怒り狂った梅本から、好子をうまく匿まったのはポチだった。好子は、竜子の世話で海辺の病院に入院した。夏に入った。隣りの重さんが幾代に恋をした。皆で海水浴にいった夜、好機到来と、重さんは必死にクドくが、そこは役者が上の幾代、ジラしにジラし、結婚の約束を一筆書かせ、押印まで押させ、ようやく重さんの愛を受け入れる。縁談はもう一つ起きた。文部省の局長の息子、小椋からの求婚だ。相手はなんとポチ。好子の病院に見舞いに行った時、別荘で療養中の小椋に見染められたのだ。彼は小さい時頭を打って以来、下半身がきかず、極端に人見知りするが、ポチだけは大丈夫だった。彼の両親は、ポチのことを全部知っての上で嫁にもらいにきたのだ。それを見て、好子は梅本に会いたくなり、アパートに帰ったが、そこで好子が見たものは、餓死寸前の梅本と、「許してくれ、もっと早く別れてやればよかった」という彼の遺書だった。やはり、この男からは一生離れられないと、彼女は思った。数カ月後、好子は松本刑務所にきていた。窃盗罪で入っていた梅本が出所する日なのだ。でてきた梅本に好子はしがみつく。それがくされ縁とは知っていても……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1971年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 91
チケット 前売りチケットを購入する