閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「関東幹部会」(1971)

0点--
5年の刑期を終えて出所した寺田組の組長・次郎は、東上してくる大場組に対する鉄砲玉となり、自分の生まれ故郷の決戦場、富士市へ向かう。快作「斬り込み」(1970)を思わせるチンピラたちの群像が、強烈。

あらすじ

尾沢組本家若衆頭・寺田組々長寺田次郎は五年の刑期を終えて出所した。寺田はすぐその足で、尾沢組総長尾沢大造が広域暴力団取締のかくれ簑として入院している病院に出所挨拶に行った。そこで、現在の尾沢組は幹部の岩崎が三代目組長を襲名したこと、組織下の組が次々と新興暴力団大場会に荒されていることを知らされた。尾沢組幹部たちはこの事態を阻止すべく、まだ大場会の手がのびていない富士市に寺田を送り込むことを決めた。富士市は、日本全土を二分する尾沢組、大場会の息がかからない唯一の町であり、新興都市計画にともない、そこにはコンビナートが林立し暴力団の資金源になるバーキャバレー、ソープランドが無数にあった。また富士市は、寺田が生れ育った町でもあった。その富士市では、寺田の幼友だちで兄弟分の神尾周三が組長をしている地つき博徒神尾組と愚連隊上りの銀竜会が対立していたが、神尾が服役中のため、銀竜会の勢力の前に神尾組は風前の灯に等しかった。富士市に着いた、寺田は、さっそく神尾組を建て直すために行動を開始した。尾沢組の斬り込み大将と異名をとった寺田の突然の出現に勢に乗った銀竜会も退かざるをえなかった。この尾沢組の動きをいち早く察知した大場会は大幹部黒木を銀竜会に送り込んだため対立は日増しに険悪化し神尾組の留守を預る代貸山中が黒木の手にかかり殺された。そんな状況の中で神尾周三が出所した。かつて寺田が愛した神尾の妹輝子の墓前で、二人は何年ぶりかで再会した。だが組織的暴力団を嫌う神尾と、その手先ともいえる寺田とでは、通じ合うものがなかった。神尾は、寺田にこの争いから手を引くように頼むが、エスカレートした大組織同志の争いの前に雲散霧消した。黒木の悪らつな手段は、神尾の二番目の妹典子まで犠牲にし、怒った神尾は単身銀竜会に殴り込み黒木を殺した。そのことが発火点となり尾沢組と大場会の応援部隊は続々と富士市に集結した。一方、遅々として進まぬ組織強化に業をにやした尾沢は早期解決の手段として、殺された黒木に対する大場会への香典として神尾を差しだすよう、寺田に命じた。神尾は、もはや自分が死ななければこの争いがおさまらないことを知ると、みずから、寺田に刺されて死んでいった。組織の命令とはいえ兄弟分を殺させ、さらに自分の命までとろうとするしうちに怒った寺田は、尾沢組へと殴り込んでいった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1971年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 86
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る