閉じるボタン

「生まれかわった為五郎」(1972)

0点--
TVの人気バラエティー・ショー『ゲバゲバ90分』に登場するキャラクターを主人公とする“為五郎“ものの第5作。人情喜劇で名高い森崎東が監督し、ハナ肇扮する為五郎の巻き起こす大騒動を描く。多彩な周辺人物のキャラクターが魅力的。

あらすじ

板東為五郎は上野駅のトイレで、生活に疲れたベッドのセールスマン犬丸三平に声をかけ、おさわりバーへ誘った。そこで彼は、ホステスのシカ子と犬丸の仲をとりもち姿を消した。シカ子は、殺人罪で服役中だった父徳一の出所の日、犬丸と出迎え、故郷居切浜に帰った。そこは、すでに石油コンビナートが屹立し、数年後には人口二十万の大都市に変貌するのだ。数カ月後、為五郎が犬丸と再会したのはこの臨海工業都市である。犬丸から、徳一が家族のためにヤクザの足を洗おうとしたが花田親分が許してくれないということを聞き、一肌脱ぐ決心をする。だが、逆に、徳一の破門と引き換えに為五郎が花田の盃をもらう破目になってしまった。しばらく後、花田組では、第二期工事の起工式に東京から視察団を迎えていたが、為五郎が企画した労務者の慰労会とぶつかり式はめちゃくちゃになってしまった。その夜、カンカンに怒り狂う花田をよそに為五郎はこの町を去ったが、花田組の子分につかまってしまい、半殺しにされた上、簀巻にされて海へ投げ込まれた。仮死状態の為五郎は、運良くシカ子と犬丸に発見された。シカ子は火をたき焼酎を一気にあおると、ほてった躰で為五郎を抱きしめた。やがてその甲斐あって為五郎は生き返った。彼は、生まれて始めて人間の暖かさに接した。牛馬のように働かされる労務者たち、騙され、しいたげられ、おどかされても何一つ抵抗の術もない人々−−。「そんな人たちを救うために花田をやっつけよう」為五郎はピストルを握りしめ花田のいるサウナへ乗り込んだ。ピストルは暴発し、花田と共に為五郎もぶっ倒れた。そして、一ヵ月後、上野駅のトイレで為五郎と犬丸は再会した。丁度駅前で父母と一緒にチンドン屋をしていたシカ子を見かけ、「彼女と結婚しろよ」といい残して立ち去った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1972年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 87
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト