閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「インファナル・アフェア III」(2003)

【DVD発売中】

74点74
香港映画の復活を高らかに告げた記念碑的傑作『インファナル・アフェア』、そして予想を覆す構成で存分に酔わせた続編『…無間序曲』に続くシリーズ3部作の完結編。堂々たるフィナーレが奏でられるばかりでなく、これまでの謎が伏線として機能する、スリリングかつゴージャスな作品だ。

あらすじ

潜入捜査官ヤン(トニー・レオン)の殉職から10ケ月後。エレベーター内の監視カメラが壊されていたために難航していた事件の検証が、ようやく終わった。ヤンからの情報に基づいてマフィアのサム(エリーック・ツァン)の組織を壊滅させた翌日、再びヤンと接触した折に潜入マフィアのラムが現れ、ヤンを射殺したラムをやむなく殺害した、というラウ(アンディ・ラウ)の証言は、全面的に認められた。しかし、彼は一時的に庶務課に左遷される。あの事件以来、ラウは眠れない日々を送っていた。婚約前に妊娠していたマリー(サミー・チェン)は、生まれた赤ん坊を連れてラウのもとを去っていった。また、エレベーター内でラムが語った「全部で5人」という言葉が重くのしかかり、残りの潜入マフィアを探し出しては始末してきたのだ。しかし、保安部のヨン警視(レオン・ライ)の前でチャン巡査部長が自殺する事件が起き、現場近くに居合わせたラウは新たな懸念を抱く。「なぜだ、同じ仲間だろ?」と、ヨンに問いかけたチャンの悲痛な声。銃声に続き、部屋から銃を手に出てきたヨン…。華々しい実績を挙げて異例の出世を遂げてきたエリート警官であり、かつてのラウを思わせるヨン。彼もまた、潜入マフィアなのか? 内務調査課に警部として復帰したラウは、保安部の秘密主義に阻まれながらも、この事件の調査を開始する。チャンのデスクには、サムとの会話が録音されたテープの入った封筒が置かれ、彼が潜入マフィアだったことを証明していた。またチャンは、サムの商売相手だった本土の大物シェン(チェン・ダオミン)とも、つながっていた。そのシェンが、ヨンと一緒に写っている写真も見つかる。ひそかに保安部に監視カメラを設置し、ヨンの車に発信機を取り付けたラウは、ヨンが金庫に保管していたテープを、ポストに投函するところを目撃する。そこに現れたのは、義足の音を響かせるシェンだった。ラウはまた、精神科医リー(ケリー・チャン)に近づき、パソコンに大切に保存されていたヤンのカルテを手に入れる。そのカルテには、ヤンの生涯でもっとも幸福だった日々が記されていた。カルテを読むうちに、ラウはヤンに自分を重ね、ヤンの世界に入り込んでいく。だが、いつしかヤンの死の真相を知る者の気配が、ラウの背後に忍び寄ろうとしていた。 【キネマ旬報データベースより】
原題 INFERNAL AFFAIRS III
製作年 2003年
製作国 香港
配給 コムストック・グループ
上映時間 118
公開日 2005年4月16日(土)公開
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する