閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「網走番外地・大雪原の対決」(1966)

【DVD発売中】

65点65
正月作品らしく派手な構成になった。仲間の恨みを晴らすためにノサップへ現れた橘真一は、発見された大油田の利権争いに巻き込まれ、暴力団と死闘を繰り広げる。吉田輝雄が例によってキザな殺し屋を軽快に演じる。

あらすじ

ある日橘真一が収容されている網走刑務所から白熊と呼ばれる男が脱走した。看守の木暮が橘の弟分お秀がその手引きをしたと拷問にかけ、殺してしまった。間もなく出所した橘はお秀の遺骨を持ってお秀の父竜作を訪れた。そこノサップでは、油田が発見され大騒ぎになっていた。竜作の家がそのド真中にあるため、暴力団権田一家に狙われている竜作を見た橘は、早速、権田と対決するが、権田が白熊の父であることを知った。ある日、竜作が土地利権書を奪われたうえ、白熊に殺された。橘は残された娘の千恵を、鬼寅に預け、白熊と権田の乗る列車を馬で追った。その橘を助けたのが、旅の途中で知り合った吉岡であった。二人は列車にとび乗ると、権田一家と格闘を展開、権田は吉岡と格闘するうちに、驀進する列車から転落してしまった。吉岡の父は権田に殺されていたのだった。一方、橘は白熊とすさまじい殴りあいを続けていた。やがて、さすがの白熊も橘の敵ではなく、橘は、無事に利権書を取り戻した。こうして、竜作の土地は千恵が引き継ぐことになり、鬼寅は彼女の後見人になった。安心した橘は、鬼寅、千恵、吉岡の見送りをうけながら、再び網走に旅だっていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1966年
製作国 日本
配給 東映=東映東京
チケット 前売りチケットを購入する