閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「エコエコアザラク WIZARD OF DARKNESS」(1995)

65点65
聖華学園高校に一人の美少女が転校してきた。名前は黒井ミサ。真の姿は、黒魔術界で絶大な力を持つ魔術師だ。担任の白井響子の噂を告げようとした学級委員長のみずきが、突然苦しみ出したのを見て、ミサは、学園の中に黒魔術を使う魔術師がいることを察知する……。昭和50年代前半に支持を集め、連載復活により再び人気を博した同名ホラーコミックの映画化。強大な黒魔術パワーを秘めた黒井ミサと、永遠の生命を得るため人間を次々と血祭りにあげていく魔術師の壮絶な戦いを、最新SFXを投入して描く。イギリス映画「ヴァージニア」でデビューした佐藤嗣麻子の監督第2作。

あらすじ

黒井ミサが聖華学園高校に転校して来た頃、東京では猟奇的な殺人が起こっていた。彼女と同じクラスのオカルト・オタクの水野は、事件現場を結んだ形が五茫星型になっており、しかもその中心にこの学園が位置していることに気づき、それは悪魔・ルシファーをこの世に呼び出す血の儀式であることを予言する。だが、そんなオカルトじみたことなど、誰も信じてはくれなかった。そこで水野は自分の力を皆に証明するため、セクハラ教師・沼田にワラ人形の呪いをかけようとするが、素人・水野の技を前にしてミサが本当の魔術を披露。沼田を腹痛に追い込んでしまうのだった。水野を押し退け、そんな術を持つミサを気味悪がるクラスメイトたち。さらに翌日、沼田が交通事故で瀕死の重症を負ったことを知らされた生徒たちは、ミサを敬遠し始める。そんな中で、クラス委員のみずきと不良っぽい青年・剣一だけは彼女の味方だった。放課後、数学の追試のために残されたミサや水野、みずき、剣一らを含む13人の生徒たちは、日が暮れたというのに担当の白井先生が教室に戻って来ないことに痺れを切らしていた。我慢出来なくなった男子生徒たちは先生に黙って下校しようとするが、どうしても学校から出られないと言って教室に帰って来る。それはこれから始まる恐ろしい出来事の最初の一頁だった。それを皮切りに、トイレに行った女生徒がまるで溺死したように個室の中で死んでいるのが発見され、パニックに陥った生徒たちはどうにかして学校からの脱出を試みようと必死になるが、不思議な魔力によって次々に犠牲者が増えていくばかりだった。ミサはそれをくい止めようと懸命に魔術を使うのだが、強力なパワーの前に歯が立たない。その間にも、友人たちの命は奪われ、ミサと水野の間にもますます深い溝が生じてしまう。しかし白井先生が怪しいと気づいたミサは、先生のレズ・パートナーでクラスメイトの和美がいけにえとなって囚われているのを発見。魔術師・白井とのサイキック・バトルを展開し、勝利する。だが、それで事件は終わらなかった。魔術師のヘッドは実はみずきだった。魔術師・みずきは悪魔ルシファーのパワーを得たいがために殺戮を繰り返し、血のいけにえを捧げていた。ミサとみずきの戦いはみずきの勝ちに見えたが。再誕したルシファーの力は予想以上に強く、みずきの体ではそれを受けいるには容量が少なすぎた。みずきはルシファーのパワーを受け止められず自滅。みずきのパワーで姿を消されてしまったミサは姿を取り戻し、次に狙われそうな学園へと旅立って行くのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1995年
製作国 日本
配給 ギャガ
上映時間 81
チケット 前売りチケットを購入する