閉じるボタン

「男ありて」(1955)

0点--
家族のことをいっさい顧みず、仕事一筋に生きるプロ野球監督・島村。家族に相談もなしにルーキー選手を家に同居させるほどの彼が、ある日1ヵ月の出場停止を命じられ……。ホーム・ドラマには定評のあった丸山誠治が、新たに仕事と家庭というテーマに踏み込んだ作品。撮影は、成瀬巳喜男とのコンビで知られる玉井正夫。志村喬がお好み焼きを焼くシーンと、ラストの妻の墓に語りかけるシーンは、秀逸。

あらすじ

プロ野球スパローズの監督島村は、野球一筋の男だった。家族にも相談せず、新人投手大西を我が家に同居させた。家をかえりみない島村に引きかえ、大西は島村の子供と親しくなり、やがて娘のみち子と愛しあうようになった。試合のとき大西は村島のサインを無視して本盗を敢行し、その一点で勝ちをえたが、サインに従わなかった大西を島村は詰問し、口論の末に殴ってしまった。大西は素直に謝ったが、これを知ったみち子は父に腹をたて、家出をした。主将の矢野は二人の真面目な愛情を知り、大西を自分の家に引取り、みち子は女友達の家に泊めて貰った。翌日の試合で、島村は審判の宣告に抗議し、興奮のあまり塁審をなぐりつけた。このため島村は一ヵ月の出場停止を食ったが、その間に今まで家をかえりみなかったことを反省し、何年ぶりかで妻と一緒に少女歌劇を見て、お好み焼きに立ちよったりした。やがて出場停止を解かれた島村は急いで九州の遠征地にかけつけたが、そこには妻の急死を知らせる電報がついていた。帰京した島村は魂が抜けたように妻の霊前に座ったが、その心を知らぬ子供たちは、涙一つみせぬ父を憎んだ。初七日もすまぬうち、島村は試合にのぞんだ。四対三のリードのうち九回裏スパローズの捕手が負傷した。島村は老躯にマスクをつけて捕手をつとめ、彼の老巧なプレイで見事な勝利をえた。わきかえる喚声の中を、黙々と引きあげた島村は、控室でオーナーの小池に辞表を出した。晩秋の陽ざしも淡い墓地で、島村は妻の墓標の前にひまずき、初めて声を上げて泣いた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 109
チケット 前売りチケットを購入する