閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「大江戸浮世風呂譚 卍舞」(1994)

【DVD発売中】

0点--
江戸時代のソープランドを舞台にした、甘美的で情緒たっぷりのセクシー・アクション絵巻。祝言の直前に犯されたあげく、最愛のいいなずけを殺された武家の娘お蝶。丹前風呂の湯女に身をやつしていた彼女が、客としてやって来た犯人、黒岩を発見し仲間とともに復讐を遂げる。勧善懲悪のストーリー、妖艶なシーン、痛快アクションが楽しませる。

あらすじ

徳川三代将軍・家光の時代、丹前風呂(俗に言う浮世風呂)「竜宮屋」にお蝶という湯女がいた。その華やかさと優しさで人気を誇っていたお蝶には、人には話せない暗い過去があった。実は、お蝶は武家の娘で、本名をお絹と言った。彼女は、要之進という侍と所帯を持つことが決まっていたのだが、祝言をあげようという矢先、要之進は、黒岩という旗本の放蕩息子に毒を盛られて殺されてしまう。その上、お絹も黒岩になぶりものにされ、お家も崩壊させられてしまうのだった。身も心もボロボロにされたお絹は、黒岩への復讐だけを生きる支えとし、湯女・お蝶に身を窶して、その機会を秘かに狙っていた。そんなある日、お蝶はある客から黒岩が江戸へ戻って来る、という情報を得る。ところがその晩、浮世風呂の噂を聞いた遊び好きの黒岩は、自ら敵陣とは知らずにやって来るのだった。お蝶は、要之進の弟・新三郎や湯女仲間たちと共に、黒岩を迎え撃ち、復讐を果たすことに成功する。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1994年
製作国 日本
配給 邦画マイナー
上映時間 73
チケット 前売りチケットを購入する