閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「プライド/栄光への絆」(2004)

【DVD発売中】

70点70
全米のハートを熱くした高校アメフト・チームの実話を映像化。並々ならぬ町の期待を背負ってフィールドに立つ、若き選手たちの激闘の日々をドラマチックに描く。臨場感あふれるゲームの描写に加え、『コールドマウンテン』のルーカス・ブラックら注目の若手アクターの奮闘も見逃せない。

あらすじ

1988年8月6日。テキサス州オデッサにあるパーミアン高校アメリカン・フットボール・チーム、“パンサーズ”のプレ・シーズン1日目。優勝候補のパンサーズは、熱狂的な街の期待を一身に集めていた。練習初日にも関わらずテキサス中のマスコミが取材に訪れ、まだハイスクールの選手たちを、まるでスーパースターのようにインタビューしている。話題の中心は、将来を有望視されているブービー(デレク・ルーク)。彼には大学のスカウトたちも熱い視線を送っていた。クォーターバックは堅実なプレイを得意とするマイク(ルーカス・ブラック)。往年の名選手を父親に持つドン(ギャレット・ヘドランド)は、そのことを重圧に感じていた。コーマー(リー・トンプソン・ヤング)は控えに甘んじているランニングバックで、プレイに自信を持っていない。その他にも、闘志溢れるキャプテンのチャベス(ジェイ・ヘルナンデス)や、“牧師”と呼ばれているアイボリー(リー・ジャクソン)らがチームの面々だ。優勝を約束されたチームでは、選手よりもヘッド・コーチに信じられないほどのプレッシャーがかかっている。しかし、コーチのゲインズ(ビリー・ボブ・ソーントン)は、「校長より高給取りでも、それでチームが無敵になればいい」という街の声を、冷静に受け止めていた。選手たちは街の中でも特別扱いされていた。陽気なブービーはそれを自分の力に変えていたが、マイクの場合は少し違っていた。彼の母もまたフットボールに熱狂するひとりではあるが、病身のため将来に不安を抱えている。スカウトが彼の元にも訪れるが、マイクは「家から通える距離なら」としか答えられない。またドンも、かつて優勝チームのメンバーだった父、ビリングスリー(ティム・マッグロウ)に不甲斐ないプレイを叱責されていた。父親の目には息子が頼りなく映っていたが、子供から見た父の姿は栄光の見る影もなく、ただ荒れた生活をしているようにしか見えない。親子の溝は深まるばかりだった。…そして、それぞれの思いを乗せて、本格的なシーズンが始まろうとしていた。 【キネマ旬報データベースより】
原題 FRIDAY NIGHT LIGHTS
製作年 2004年
製作国
配給 UIP
上映時間 118
公開日 2005年5月14日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する