閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「OSAKAビッグ・リバー・ブルース 平成名探偵・阪田京介2」(1997)

0点--
“アホの坂田“で知られる坂田利夫が、持ち前のアホの部分を押さえて新境地を見せた人間ドラマの第2弾。人情もろい反面、切り味鋭い名推理をみせる探偵役で活躍する。

あらすじ

オヤジ狩りにあっている中年男を助けた阪田は、その相手が警察時代の先輩・吉村であったことから、思わぬところで彼と旧交を暖めることになった。阪田は吉村の家に招かれ、彼の盲目の娘・久美から手厚い歓迎を受ける。ところがその数日後、吉村が何者かによって殺されてしまった。阪田は吉村の葬儀をすませると、事務所の面々の協力を得て、犯人探しに乗り出す。腕っぷしの強い北、ニューハーフのサクラ、ヤンキーあがりの新人・かすみ、阪田の養女は、それぞれのネットワークを使って調査を進めていった。やがて、桐原というヤクザと総会屋の中西のふたりが浮かび上がる。彼らはすでに死んだことになっている幸田洋介という麻薬密売人を介して、あくどい商売をしていたのだが、吉村に3人一緒のところを偶然目撃され、その口封じのために彼を殺したのであった。阪田たちは吉村の仇を討つために麻薬の密売現場に乗り込み、大乱闘の末にヤクザたちを一網打尽にする。事件が解決して、阪田は死んだ父からの角膜移植手術を控えた久美を見舞っていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1997年
製作国 日本
上映時間 84
公開日 1997年10月18日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する