閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ケメ子の唄」(1968)

0点--
不動産屋の六造と元バレエ教師の恭介は、人生に疲れともに自殺を決意するが、偶然ゴーゴーの大好きなケメ子に出会い、生きる希望を取り戻して彼女をスターにしようと奔走する。間もなく、ケメ子はスケジュールで満杯の売れっ子スターに。でも、彼女には冷たくなった恋人の愛をとり戻すほうが大切だった……。同名の大ヒット・ソングを新人監督田中康義が映画化。

あらすじ

 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
配給 松竹
チケット 前売りチケットを購入する