閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「祇園の姉妹〈1936年〉」(1936)

【DVD発売中】

84点84
日本を代表する映画作家・溝口健二監督の代表作である。京都の芸者の姉妹を主人公として、人情に厚い姉と打算的で気の強い妹という二人の対照的な生き方を描きながら、どちらも男にもてあそばれてみじめに捨てられていくという女の現実を、きびしい目で捉えた作品。芸者姉妹を演じた梅村蓉子と山田五十鈴も見事にその対照を演じ分け、非情な世界に生きる女性の哀感や怒りを充分に表現しつくした。全体的なテンポは男たちとのやりとりなどユーモラスな面もあり軽い感じも与えるが、克明な京都の風物描写もあいまってずっしりと観ごたえのある一編。依田義賢の脚本も冴え、まさに溝口芸術の一級品である。
製作年 1936年
製作国 日本
配給 邦画マイナー=第一映画
上映時間 68
チケット 前売りチケットを購入する