閉じるボタン

「ザ・タイガース 世界はボクらを待っている」(1968)

【DVD発売中】

65点65
アンドロメダ星の王女・シルビィは宇宙ドライブの途中、折しも公演中のザ・タイガースのサウンドの迫力に飛行不能となり日本劇場に不時着。ファンの波に巻き込まれ王女は失神したがジュリーに助けられる。王女を連れ戻そうとするアンドロメダ警察とザ・タイガースの攻防戦が繰り広げられる。

あらすじ

結婚相手ナルシス殿下を嫌うアンドロメダ星の王女シルビィは、ヘラクレスとべスを従えて気晴しの宇宙ドライブに出た。が日劇上空にさしかかった時、ザ・タイガースのサイケデリック・サウンドに音波を攪乱され、不時着してしまった。タイガースに殺到するファンの波。シルビィは渦に巻きこまれて失神した。そんな彼女を助けたのはタイガースの人気者ジュリーだった。早速シルビィを入院させるとメンバーをひき連れ何度も見舞った。一方ヘラクレスとベスは王女捜しに奔走、やっと彼女の居所をつきとめた。しかし、タイガースにさえぎられ、宇宙船に引き戻せなかった。業を煮やしたアンドロメダ星は秘密警察員を地球に派遣。タイガースはシルビィを男装させ必死の防戦につとめた。ところが、雅子ら熱狂的なファンは、男装の星の王女を見逃すはずがなかった。週刊誌のゴシップ記事に悩むタイガース。シルビィは優しかったジュリーに心を残しながら宇宙船に戻っていった。だが、想いは断ちきれようはずもなかった。シルビィはベスの計いでジュリーを呼び寄せるとそのまま空高く舞い上がってしまった。武道館からジュリーの欠けたタイガースのエレキ・ギターが星空にこだましている。悲しそうなジュリー。シルビィは、その時はじめて悟った。ジュリーは自分だけのものではないと。宇宙船はジュリーを下ろし、シルビィだけを乗せて淋しく去っていった。ジュリーの戻ったタイガース。今宵もザ・タイガースのサウンドが東京の夜空に響き渡るのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 88
チケット 前売りチケットを購入する