閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「アートフル・ドヂャース」(1997)

0点--
ニューヨーク在住の日本人3人組の日常を、さりげないタッチで綴った好編。個性も志向もバラバラな彼らの結び付きを新人、保田卓夫が適度な距離感から見事にとらえている。

あらすじ

クリスマスを間近に控えたニューヨーク。画家志望の優一郎(いしだ壱成)は、ポルノ小説を書いている圭介(西島秀俊)とギタリストの勉とつるんでは、貧乏ながらも気ままな生活を送っていた。ある日、彼は幼なじみの紗於里と再会する。彼女は、独り暮らしをしている姉・綾乃の様子を見に、日本からやってきたのだ。エリートであった綾乃は、突然精神のバランスを崩して商社を辞職。静養を兼ねて、ニューヨークに留学していた。だが、彼女は学校も休みがちで、部屋にもあまり帰ってきていないらしい。心配する紗於里を、優一郎は優しく気遣ってやる。クリスマス・イヴ。紗於里の招きで綾乃の部屋を訪ねることにした優一郎は、綾乃がふらりと出かけるところを目撃。彼女の後を追って、紗於里とロングアイランドへ行く。綾乃の様子を監視するふたり。夜になって綾乃はモーテルに投宿するが、優一郎たちの懐は心許ない。そこで、優一郎は圭介たちに助けを求めることに。圭介は、遊びに来ていた勉の妹の財布から金を失敬すると、優一郎たちのモーテルに急ぐ。その後、紗於里と綾乃は帰国。その様子を見て、久しぶりに日本に帰りたくなった優一郎たちは、負け知らずだという中国系老人と麻雀対決。大金を獲得して、無事帰国を果たすのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1997年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド=バンダイビジュアル=WOWOW
上映時間 96
公開日 1998年1月24日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する