閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「駅前旅館」(1958)

【DVD発売中】

70点70
駅前旅館の番頭稼業を描いたコメディ。こののち“駅前“シリーズとして1960年代東宝の興行を支えた。この第1作は井伏鱒二の原作小説を八住利雄が脚本し、名匠・豊田四郎が演出。生野次平は上野駅前の旅館の番頭を30年つとめるベテランである。ライバル旅館の番頭・高沢とは張り合いながらも良き友。なじみの飲み屋・辰巳屋には目当てのお辰がいる。上野界隈では悪質な客引きの追放運動が始まり、次平はリーダーとして活躍。番頭に森繁、ライバルに伴、お辰に淡島が扮する。

あらすじ

“私、駅前の柊元(くきもと)旅館の番頭でございます”生野次平は三十年の経験をもつ「お帳場様」である。上野界隈も昔とはずい分変ったものだ。柊元旅館は今日も修学旅行の団体客でごったがえしている。馴染みの旅行社の添乗員・小山が忙しく中学生をさばく。次平は山田紡績の社長一行のなかの女客に二の腕をつねられた。その女客は女中のお京に伝言を残すと発っていった。次平には気の合った番頭仲間が四人いた。そのうちの高沢に尻尾をつかまれ、今度の慰安旅行の幹事にされた。その役は艶聞を立てた者に振りあてられることになっていたのだ。馴染みの飲み屋・辰巳屋のお辰のところで行先を江の島と決めた。夏の江の島には全国から番頭たちが客引の腕をみがきにくる。昔、ここで次平や高沢は芸を張り合ったものだ。次平は彼をつねった女のことをやっと思い出した。於菊−−江の島時代の旅館の豆女中だった。間もなく、例の山田紡績の女工たちの団体がやってきた。於菊が保健係の先生と共に引卒していた。次平は席を設けて於菊と会ったが、“旅の恥はかきすてというような気持……”といった於菊の言葉が彼のカンにさわった。社長の妾で工場の寮長に納って満足気な女の手前勝手だ。“お前、宿へ帰んなよ”彼には昔流の意地があった。−−下級旅館の強引な客引・カッパの連中が格元に泊った女学生三人を怪我させた。次平は主人から怒鳴られ、小山は自分の客から怪我人が出てクサった。次平は一計を案じ、上野駅前浄化運動を始め、カッパ連中を締め出す看板を一帯にめぐらした。本部は辰巳屋に置いた。カッパ連は次平を出せと柊元に押しかけた。因っているお内儀を助けようと、次平は暇乞いの口上を述べたが、主人がそれを利用し、本当に彼をクビにした。彼はさっと最後の客引きの手際を見せるとそのままを消した。その夜、小山もお京を連れて柊元を出、大阪を目指した。次平は追ってきたお辰と一緒に日光行の二等車に収っていた。住み慣れた上野の火がのろのろと二人の目前を動いていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 東宝=東京映画
上映時間 109
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する