閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「雷魚〈1997年〉」(1997)

0点--
初の一般映画「KOKKURI・こっくりさん」に続き、瀬々敬久監督が実際に起きた事件にインスパイアーされて作り上げた過酷で骨太な人間模様。昭和63年3月、愛人に子供を焼死させられた過去を持つ和昭は、ガソリンスタンドの勤務中にある男女を見かける。やがてその男がモーテルで刺殺されるという事件が発生。警察で事情聴取を受けた和昭は、スタンドで見た女が取り調べを受けていることを知り、嘘の証言をする。やがて彼女、紀子を追い、関係を結ぶ和昭だが……。ある種の因果に結び付けられたかのように出会ってしまう男女。瀬々はこれまでも追求してきたモチーフをさらに深化させ、ある特定の場が喚起する生々しい情感を力強く映し出す。テレクラ、不倫、殺人とまるでワイドショーのような要素を用いながら、通俗ドラマには絶対に立ち現れない数々の光景で観る者を圧倒する。一般劇場で上映された後、ピンク映画館で「黒い下着の女」のタイトルでも公開された。

あらすじ

昭和63年3月、人妻の紀子は、椎間板ヘルニアと慢性膵炎で入院中の病院から抜け出し、不倫相手の田辺が住む利根川沿いのある地方都市へ出かけた。ところが、田辺と会うことができなかった紀子は、テレクラに電話をかけ、そこで知り合った裕幸とモーテルで肌を重ねる。ところが、紀子はふとした感情から彼を刺し殺してしまった。数日後、紀子は容疑者として警察から事情聴取を受けることになったが、裕幸と寄ったガソリンスタンドの店員・和昭が嘘の証言をしてくれたおかげで解放される。その帰り道、紀子は和昭に声をかけられた。和昭は愛人に赤ん坊を焼死させられた過去を持っており、彼女に人を殺す気分がどんなものかを尋ねる。紀子もかつて好きだった男の子供を中絶させられた経験を持っており、彼女はそれを和昭に告白した。ふたりは傷を舐め合うように抱き合うが、和昭は請われるままに紀子を絞殺し、彼女の亡骸を田舟に乗せて火を放つ。その後、和昭は知的障害者の節子と都会の雑踏の中に消えていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1997年
製作国 日本
配給 国映=新東宝
上映時間 65
公開日 1997年5月31日(土)公開
映倫 R15+
チケット 前売りチケットを購入する