閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「野良犬〈1966年〉」(1966)

0点--
監督はシリーズ最終作「勝負犬」の演出も担当する井上芳夫。一匹狼の宿なしで愛用のコルトを懐に街を流れ歩く鴨井大介。商事会社社長・福岡とのポーカーで大敗した彼は、やがて福岡がとてつもない悪だくらみをしているのを知る。ラストの派手な撃ち合いが見もの。

あらすじ

相変らずの宿無し、ハジキを懐に流れ歩く鴨井大介は東京に来ると競輪の予想屋をやるが、どうもうまくいかない。しかも、商事会社社長外村とのポーカーで大敗し、頼みのハジキを借金のカタにとられる有様。陽気な野良犬大介もさすがに肩を落して夜の街を歩く。と、その時、大介は車にはねられる女を目撃し、早速、病院に運んだ。女は風間文子といい兄正一を探しているという。しかし、文子の持っていた正一の住所は中野刑務所で、大介が行った時は既に出所した後だった。大介は文子のために尋ね人広告を出す一方、予想屋仲間の常さんの紹介でマッサージ師玉子の部屋に置いてもらうことになった。ハンサムな大介に玉子は言い寄ってきたが、女の嫌いな大介でもない。それに玉子から借りた金で拳銃を取り戻すこともできた。その頃、相次いで二つの殺人事件が起った。外村の経営するバーのマダムと、外村商事の幹部が殺されたのである。容疑者は風間正一ということだった。だが、風間は外村に監禁されていた。それを偶然知った大介は外村の謀みが読めた。外村は自分を裏切った二人を殺し、犯人を風間に仕立てていたのである。一方外村の監禁から脱け出た風間もそのことを知り、外村をつけ狙っていた。その風間を大介が探し回るという日が続いたある日、風間はついに外村を狙撃した。しかし、無用な殺人をさせたくない大介がそれを邪魔した。そこを、外村たちが射ってくる。大介と風間は今度は協力して応戦、しかし、敵が一発射つ間に三発は射ち返す大介の早射ちに、勝負はあっけなくついた。やがて、風間は文子と涙の対面をしたが、大介にとって涙は用はない。まだ熱の残るハジキを懐に納めて、野良犬大介は師走の街に、ひっそりと消えていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1966年
製作国 日本
配給 大映・東光徳間
上映時間 85
チケット 前売りチケットを購入する