閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「野獣死すべし 復讐篇」(1997)

0点--
大藪春彦の傑作小説をモチーフに撮られたハードボイルド・ロマン。幼い頃、目の前で両親を惨殺された伊達邦彦は静かに行動を開始した。銀行強盗で得た金で銃を買った彼は新東組の若頭、組長を次々と抹殺していく。そして、最終目標である市会議員の矢島に接近した邦彦はその秘書、貴美子と出会う。かつて矢島の息子、雅之にレイプされた彼女は、邦彦に彼を殺してくれと頼むのだが……。

あらすじ

幼い頃に目の前で両親を殺害された伊達は、現金輸送車を襲撃して得た金で銃を手に入れると、その復讐のために新東組若頭・市村と組長の小川を次々と血祭りにあげた。だが、彼の最終目標は殺害の指示を下した川浜市長の矢島裕介である。万全の準備を整え、伊達は市長選真っ直中の矢島に接近した。ところが伊達は、矢島の選挙カーのうぐいす嬢・若月貴美子から、矢島の息子・雅之を殺して欲しいと頼まれる。雅之はかつて、貴美子に暴行をくわえていたのだ。矢島一族の多額の金を奪うようにアドバイスされた貴美子は、雅之を呼び出すが、逆に命の危機に立たされる。しかし、そこに伊達が現れ、雅之を殺して貴美子を救った。その頃、新東組の機動隊長・高田の調査により、幹部殺しの犯人が伊達であることが矢島に知れる。伊達をおびき出すため、高田は伊達の妹・晶子を誘拐し、レイプしてヤク漬けにした。怒りに燃えた伊達は、矢島を人質に新東組へ乗り込む。激しい銃撃戦の末、矢島や高田が倒れる中、伊達はヤク中になってしまった晶子をも自らの手で殺めた。地下水路へと逃れた伊達はやがて死を決意し、自らのこめかみに銃口を当てる。しかし、彼の銃には弾が残っていなかった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1997年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 86
公開日 1997年5月17日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する