閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ドリーム・スタジアム」(1997)

【DVD発売中】

0点--
サラリーマンからプロ野球選手に転向したお気楽青年の、数奇な体験をファンタスティックに描く。ダイエー・ホークスの王監督や現役選手たちの、演技面での好プレーにも注目!

あらすじ

住宅メーカーに勤める洋介の夢は、楽して有名になって優雅な生活を送ることだった。ある日、恋人の香織がほかの男と野球観戦デートをしていることを知った洋介は、東京ドームに殴り込みに行くが、そこでホームラン・ボールを受けて気絶する。数日後、バッティング・センターに立ち寄った洋介は、150キロのスピード・ボールを立て続けにホームランにし、センターの経営者・朋江にプロになってみないかと声をかけられた。ダイエー・ホークスのテストを受けて入団した洋介は、初打席でホームランを打ち、たちまちスター選手の仲間入りを果たす。降って湧いた名声に洋介は浮き足立つが、彼の活躍はシーズン半ばで止まってしまった。洋介のパワーの秘密を暴こうとしていたビデオジャーナリストの圭子は、彼のビデオをチェックしていて、打撃の瞬間に彼の顔が違う男のものに変わるのに気づく。その顔は、20数年前にドラフト1位で南海ホークスに入団しながら、開幕前日に事故死した西山京太郎のものだった。彼のことを調べるために伊豆・稲取へ飛んだ圭子は、京太郎が自分の死んだ母親の恋人であったことを知る。一方、スランプのままシーズンを終え、野球をやめる気でいた洋介は、朋江の消息を追ってやはり稲取に向かった。朋江は実は京太郎の妹で、兄と幼い頃を過ごした稲取に今、野球場を完成させようとしている。一堂に会した3人は、自分たちが不思議な運命で結ばれていたことを知り、完成した野球場に現れた京太郎と出会った。こけら落としに名球会の面々を招待した朋江は、その試合に京太郎を参加させる。その後、名球会とダイエーの試合が福岡ドームで行われることが決まり、これに兄を参加させたいと考えた朋江は、稲取以外に現れることのできない京太郎のために、洋介の体を借りることにした。名球会のリードで迎えた最終回、洋介は見事な逆転ホームランを打つが、彼の体には京太郎は宿っていなかった。自分の力でホームランを打った洋介を見届け、京太郎は天国へ帰っていく。数日後、ダイエーの練習場には野球を続ける決心をした洋介の姿があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1997年
製作国 日本
配給 東映=イメージファクトリー・アイエム
上映時間 103
公開日 1997年6月21日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する