閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「子連れ狼 冥府魔道」(1973)

【DVD発売中】

76点76
“子連れ狼“拝一刀は、筑前黒田藩より刺客の依頼を受ける。黒田藩の存続にかかわる重大な秘密を知った公儀探索方隠密が、事実を暴く密書を持って江戸へ向かったという。一刀の仕事は、隠密を殺し密書を奪い返すことであった。

あらすじ

柳生の陰謀で公儀介錯人の地位を追われ、今は刺客となって怨念の旅をつづける拝一刀は、筑前黒田藩より刺客の依頼を受けた。黒田藩の藩主は隠居した斉隆候の御愛妾の子で、若君と偽わる浜千代姫なのだが、その秘密を、菩提寺の住持・慈恵和上としてこの地に住んでいた公儀探索方黒鍬衆の総頭領に知られ、事実を暴く密書を持って江戸へ向かった、というのである。一刀の仕事は慈恵を殺し、密書を奪い返すことだった。その頃、賑やかな宿場町で大五郎は、役人に追われているスリのお葉から紙入れを渡された。そのために大五郎は役人に捕われ、叩きの刑に処せられた。だが大五郎は、叩かれても叩かれても、「お葉のことは誰にも言わない」というお葉との約束を守り、毅然としていた。それは、父・一刀から学んだ刺客の姿だった。その夜、一刀は黒田藩くの一忍者・不知火から別の刺客の依頼を受けた。そのことより、一刀は黒田藩には別の秘密があることを悟った。やがて、一刀は大川の渡し場で、慈恵を殺し、密書奪還に成功。黒田城へ向った。怒った柳生烈堂は、次々に一刀を襲撃するが、全て失敗に終った。黒田城。居並ぶ藩主、斉隆、重臣・脇田将監、作手惣左衛門ら面頬衆を前にして一刀は叫んだ。「いくら側室を御寵愛のあまりとはいえ、浜千代を松丸君と偽り藩主を継がせ、正室の子である真の松丸君を幽閉するとは、黒田武士道の義にあらず!」これこそ隠された秘密であった、五歳の浜千代姫が一刀を斬れと平然と命令した。斬りかかる藩士。血の海と化した座敷で、一刀は、斉隆を浜千代もろとも突き刺した。不知火の依頼を果たしたのだった。城を出た一刀を城外で待ち受けていた不知火は「お家のためとはいえ我れ不忠の臣」と言い残して、自ら命を絶った。松丸君の忠義に生きて死んだ不知火の横顔が一刀の眼に美しく映った……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1973年
製作国 日本
配給 東宝=勝プロ
上映時間 89
チケット 前売りチケットを購入する