閉じるボタン

「逆縁三つ盃」(1971)

0点--

あらすじ

昭和初期の浅草。今まで共存してきた博徒潮一家とテキヤ得津組の間に抗争が持ち上った。ことの起こりは、潮一家の代貸菊川政義が、得津組の稼業をいわきまえず行った盆ゴザ勝負をいさめたことから、その帰り道を得津組に襲われ、しかたなしに幹部鬼頭の繁を斬ったからだ。一方、沢田組幹部峰栄吉も賭博のいざこざから、政義と同様、刑務所入りしたが、てしがらすの貞という刺客に襲われたところを政義に救われ、兄弟の盃を交した。この時代、日本陸軍の横暴は目にあまるものがあった。陸軍省の近藤中佐らは、東京の親分衆を集め、満州の士気高揚のために慰安所をつくるから女郎を集めよと命令したが、潮幸之助は、女郎の足ぬきは渡世人の掟にそむくとして、これを断わったことから、殺されてしまった。そんな頃沢田組々長沢田隆太郎は、得津と手を組み潮一家の縄張りを荒し始め、政義が出所した時はすでに崩壊寸前にあった。政義は以前潮一家が世話をした旦那衆を集め賭場を開いたが、得津のいやがらせのために人はあまり集まらなかったうえ、子分の鉄砲松が捕えられてしまった。松を救うため、一人得津組に乗り込んだ政義は、得津の罠にはまるところを得津組世話人中井清治の侠気によって救われた。中井の女房お伸は栄吉の妹で、栄吉と中井とは義兄弟であった。そのため、中井は政義のかたをもったかっこうになってしまった。数日後、浅草三社様の本殿改築の仕事が、沢田のはからいで潮一家にまかされ、政義は金策奔走するのだが、これは沢田と得津の仕組んだ罠であった。金繰りがうまくいかない政義は、関東各地の親分衆を集め、幸之助の追善供養の花会を催したが、その当日、沢田と得津のために花会はぶち壊されてしまった。翌日、得津の井沢組五代目の襲名披露が盛大に行われようとしていたが、政義の怒りは関東一円の親分衆の前で、沢田と得津を斬らずにはいられなかった。沢田に盃を返した栄吉も政義と交した盃のために披露会場へ同行した。しかし、中井は得津のやり方に反対ではあったが、渡世の義理のために栄吉の刃に倒れ、栄吉も沢田の刺客の凶弾で命を断った。怒りに燃えた政義の刃は沢田、得津にと向けられた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1971年
製作国 日本
配給 日活
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト