閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ロスト・チルドレン」(1995)

【DVD発売中】

76点76

あらすじ

近未来の半ば朽ちかけたような港町に子供の失踪事件が続発。実は町に横行する一つ目教団が、沖合に浮かぶ奇妙な実験室に住む天才クローン人間クランク(ダニエル・エミルフォルク)に夢を見させるため、誘拐していたのだ。サーカスの怪力男ワン(ロン・パールマン)の幼い弟ダンレー(ジョゼフ・ルシアン)も誘拐される。ワンは9歳のミエット(ジュディット・ビッテ)率いる孤児の泥棒団に出会う。彼女たちは孤児院を経営するシャム双生児の姉妹の命令下にあり、ワンも腕力を買われて一味に入らされる。ミエットはワンの弟探しに同情して、二人は一つ目教団の本拠に潜入するが捕まり、処刑されることに。シャム双生児は蚤使いのマルチェロ(ジャン=クロード・ドレフュス)を使ってワンを救出するが、ミエットはそのまま海の底へ。そこで彼女は海底に住む博士(ドミニク・ピノン)に救われる。彼こそクランクや六人のクローン達(ドミニク・ピノン、七役)、それにその指導者である脳のイルヴィン(ジャン=ルイ・トランティニャン、声のみ)の創造者だが、記憶を失っていた。ミエットは再び地上に戻ってワンと再会する。一方実験室ではいよいよ狂気を増すクランクを破壊するため、イルヴィンが子供の夢に託したメッセージ・カプセルを海に流した。このカプセルの夢で博士は記憶を一部取り戻して海上実験室に向かい、ミエットも同じ夢を見て子供連続失踪の真相を悟る。二人はシャム双生児に殺されそうになるが、マルチェロに救われて実験室に向かう。実験室に潜入したミエットはクランクの脳に接続されたダンレーを発見、そこでダンレーを救うため、イルヴィンの指示に従って二人の夢のなかに入り、クランクの呪縛を破壊する。一方博士は記憶が完全に戻らないまま自分そっくりのクローンたちに命令して実験室爆破の準備をする。六人のクローンとイルヴィン、それに誘拐された子供たちを救出したミエットとワンは間一髪でボートで逃亡し、寸前に記憶を取り戻した博士は実験室とともに自爆する。 【キネマ旬報データベースより】
原題 LA CITE DES ENFANTS PERDUS
製作年 1995年
製作国
上映時間 112
チケット 前売りチケットを購入する