閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「マクベイン」(1991)

37点37
個性派C・ウォーケンが、「ディア・ハンター」を思い出させるベトナム帰還兵に扮したバイオレンス・アクション。捕虜時代に命を救われた男の妹から、亡くなった兄の遺志を継ぐべく南米の内戦に参加してくれと頼まれたマクベイン。民衆のために再び銃をとった彼の熱い戦いぶりを、渋いタッチで描出する。

あらすじ

ヴェトナム戦争終結の日、ベトコンの捕虜となっていたマクベイン(クリストファー・ウォーケン)は処刑寸前に帰国の途にあったサントス(チック・ヴュネラ)らに救出される。彼は必ず借りを返すという約束した。18年後、祖国のコロンビアで政府の麻薬輸出に反抗し、革命軍を組織したサントスは革命成功の前にアメリカ政府の裏切りに遭い、殺された。妹のクリスチーナ(マリア・コンチータ・アロンソ)はニューヨークへ渡り、マクベインに助力を頼む。彼は戦友たち−−刑事、医師、ボディガード(スティーヴ・ジェームズ)、億万長者フランク(マイケル・アイアンサイド)らの協力を得、まずはマフィアのボスを脅迫して資金を引き出し、武器を調達してコロンビアに上陸。そこで若きパイロットデイリー(ラッセル・デニス・ベイカー)の協力を得て、ゲリラと共に大統領官邸を急襲。デイリーを犠牲にしながら、大統領を倒すのだった。 【キネマ旬報データベースより】
原題 McBAIN
製作年 1991年
製作国
上映時間 104
チケット 前売りチケットを購入する