閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「マイ・ルーム」(1996)

65点65
R・デ・ニーロが製作を務め、豪華キャストで描いた感動のヒューマン・ドラマ。屈折した17歳の長男ハンクに手を焼くリーの許に、20年間交流のなかった姉ベッシーから電話が入る。たった一人で父と叔母の面倒をみている彼女は、白血病に冒され親族からの骨髄移植を望んでいた。久しぶりの再会を喜ぶベッシーだったが、リーは気まずさをぬぐえない。ところが、反抗的だったハンクは、ベッシーの温かい人柄に触れ、次第に心を開いていく。そんな中、ベッシーの病状は着実に悪化していき……。絆を修復していく対照的な性格の姉妹を、M・ストリープ、D・キートンの二大オスカー女優が熱演。息子役のL・ディカプリオも実力派俳優らと堂々と渡り合い、演技力を発揮した。

あらすじ

母子家庭で手に職をつけるため、美容師をめざして美容学校に通うリー(メリル・ストリープ)のもとに、長男ハンク(レオナルド・ディカプリオ)が家に放火して家出したという知らせが入った。ハンクは生活に追われ子供を顧みる余裕のない母親と心を通い合わせることができず、鬱屈した日々を送っており、唯一愛情を感じることができるレーサーだったという父親の写真だけ残して家に火をつけたのだ。ハンクは精神病の施設に入所し、リーと次男チャーリー(ハル・スカーディノ)は修道院に身を寄せる。そこへフロリダに住む姉のベッシー(ダイアン・キートン)から20年ぶりに電話が。自分は白血病に冒されており、親族からの骨髄移植だけが唯一の希望だと言うのだ。リーは反抗的なハンクを施設から連れ出し、家族そろってフロリダへ。ベッシーは結婚もせず、父マーヴィン(ヒューム・クローニン)と母ルース(グウェン・ヴァードン)の面倒を見ていた。父は寝たきりで痴呆状態、そんな家族を見捨てて家出したリーとの間には複雑な感情がある。母を嫌い、反抗的だったハンクだが、ベッシーの誠実な優しさに次第に心を開いていく。最初は骨髄移植の検査を受けることを拒否していた彼は、主治医のウォリー医師(ロバート・デ・ニーロ)の検査で母と弟が不適合だと知り、自分も検査を受ける。リーはベッシーとハンクの信頼関係に嫉妬を感じ、姉妹はお互いの感情をぶつけあうが、やがて打ち解けた。ベッシーは自分の初恋を語り、リーは姉のかつらを洒落た髪形にカットした。一家はディズニー・ワールドへ。リーは感情に任せて、いつまでも母より父を慕うハンクに、彼の父親がハンクを虐待したことが離婚の理由だったと明かしてしまう。ところがベッシーが突然発作に襲われ吐血して倒れる。その晩、ハンクはベッシーに置き手紙を残して家出。母の自分ではなく、姉に宛てられた息子の手紙を見たリーは無力感に襲われながらも、姉に心配をかけまいと手紙を隠す。そこへハンクが帰ってきた。ウォリー医師から電話があり、残念ながらハンクも不適合と告げた。だが死の不安を越えて和解した家族は父の部屋に集まる。ベッシーはいつも父を喜ばせるためにやっているように、鏡に太陽を反射させて壁に光を舞わせる。その光の中で、家族は新しい絆を見つけようとしていた。 【キネマ旬報データベースより】
原題 MARVIN'S ROOM
製作年 1996年
製作国
上映時間 99
公開日 1997年2月8日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する