閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「流れ板七人」(1996)

0点--
流れ板とは自分の腕前に意地と誇りを懸けて全国を渡り歩く料理職人のこと。元流れ板だった竜二は今は岡山で料理屋を営んでいたがある日、東京の老舗料亭・閑日楼の花板、精蔵からの手紙を受け取り上京する。しかし、精蔵が急死したこと、閑日楼が関西の料理人、鉾田に買収されそうになっているのを聞いた竜二は……。竜二と鉾田の料理対決をクライマックスに、料理に命を懸けた人間たちのドラマが繰り広げられていく。

あらすじ

元流れ板で現在は岡山の下津井で小さな料理屋を営んでいる竜二のもとに、東京の老舗料亭“閑日楼”の花板・精蔵から大事な相談があるとの手紙が届いた。それから1カ月後、かつての師の窮地を救うために竜二は東京へ向かうが、彼は調理師紹介所“稲宗”の女主人・きぬから精蔵の死を知らされる。精蔵の相談とは、彼が手塩にかけて育ててきた渡を、自分に代わって一人前の板前に鍛えて欲しいというものだった。きぬの娘・花絵のたっての願いと精蔵の供養のために、料亭ラメールの板場に一時的に立つことになった竜二は、そこで一級の腕前を披露して、きぬや渡たちの信頼を得る。そのころ花板を失った閑日楼では、女将が経営を離れたことで、京都の料亭“ほこ多”がその買収に乗り出していた。きぬは長年続いた老舗との関係を断ち切られてはと、ほこ多の経営者・鉾田に直談判に行くが願いは聞き入られない。そこで、きぬは閑日楼に負けない料亭を作ることを決意し、そのために金沢のまほら温泉にある料亭“沢の家”を手に入れて、その板場に竜二を招いた。さらに、きぬは著名な美食家・浦部を介して鉾田と竜二に料理対決をさせることを計画し、きぬが負ければ稲宗の看板を下ろしてほこ多の女将になり、鉾田が負ければ閑日楼の暖簾を元に戻すという条件で、料理対決の火蓋が切って落とされる。ほこ多の豪華な料理に対して、竜二は流れ板たちの協力を得てアイデア料理で対抗した。その結果、軍配は竜二たちに上がった。しかし、勝負の決定が下された時、すでに竜二の姿は板場から消えていた。そして対決を通して一人前に成長した渡たちには、「花渡り」と書かれた暖簾が残されていた。きぬは、別れも言わずに消えた竜二を追うが、竜二を乗せた電車は走っていってしまう。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1996年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 108
公開日 1997年1月15日(水)公開
チケット 前売りチケットを購入する