閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ジャンケン娘」(1955)

【DVD発売中】

0点--
当時人気抜群の3人娘(美空・雪村・江利)が唄い踊る楽しい作品。東京の女子高生ひばりとチエミが修学旅行で訪れた京都で舞妓のいづみと知り合い、3人は名前しかわからないハンサム青年を捜し回る、という他愛のないお話。

あらすじ

阿佐見ルリと千明由美は女子高校の三年生であった。京都に修学旅行に行った時、加茂川のほとりで一人の青年に写真をとられた。二人は、ルリの母で旅館「あざみ」を経営するお信の親父、おいねのお茶屋を祇園に訪ね、そこで舞妓の雛菊を知った。二人が東京に帰って間もなく、今度は雛菊が単身上京して来た。今度、芸妓になるについて、ハゲ頭の社長が旦那になることになったが、彼女には最近二度お座敷で会った大学生が忘れられず、一目会いたくて上京して来たのであった。大学生の名前は西北大学の斎藤とばかりしか判らない。同情した二人は手を尽して探すことを約束した。やっと斎藤が伊豆にいることが判った。喜んだ三人は早速伊豆に出かけようとするがルリだけはお信の許しを貰えなかった。お信は昔芸者をしていた頃少壮外交官であった北島との間にルリをもうけた。しかし芸者である為に二人の仲はさかれてしまった。この度、北島は大使としてフランスに行くことになり、子供もないので晴れて父子の対面をしたいといって来た。お信はルリの日本舞踊のおさらい発表会の日に対面させようと思っているので、ルリを伊豆へやりたがらないのであった。一方、伊豆に行った二人は斎藤にあったが、意外にもそれは、加茂川でルリと由美を撮影した青年であった。斎藤は由美を想っていて、すでに彼女の両親に結婚を申し込んでいた。雛菊はがっかりして京都に帰った。斎藤は金満家の父に頼んで雛菊を自由の身にしてやった。やがてルリの発表会の日、北島夫妻も、由美も、自由になった雛菊も出席した。踊り終ったルリは初めて北島に「お父さん」というのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
配給 東宝
チケット 前売りチケットを購入する