閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「雨月物語」(1953)

76点76
上田秋成の『雨月物語』から『朝茅が宿』『蛇性の婬』の2編を取り出して脚色された溝口健二の名作。戦国時代、琵琶湖にほど近い村に住む源十郎は、戦乱に乗じ一獲千金を狙い、自らの焼いた陶器を売ろうとして、侍になることを夢見る義弟の藤兵衛、そして反対するそれぞれの女房を連れて琵琶湖を渡る。その後、離れ離れになった彼らのうち、藤兵衛は大将の拾い首をして出世を果たすが、妻の阿浜は娼婦に堕ちてしまう。一方、妻・宮木が子とともに決死の覚悟で村へ戻ろうとする中、源十郎は死霊に見そめられ悦楽の日々を送っていた……。全編に宮川一夫のカメラが冴えわたり、特に源十郎と死霊・若狭のシークエンスにおいては幽幻妖美の世界がたぐいまれな映像美として結実している。若狭を演じた京マチ子の美しさ、彼女に仕える老女・右近の不気味なシルエットは忘れられない印象を残す。対する宮木役の田中絹代は母性の優しさを感じさせる好演。第14回ヴェネチア映画祭銀獅子賞を受賞した。

あらすじ

大正十一年春。−−琵琶湖周辺に荒れくるう羽柴、柴田間の戦火をぬって、北近江の陶工源十郎はつくりためた焼物を捌きに旅に上った。従う眷族のうち妻宮木と子の源市は戦火を怖れて引返し、義弟の藤兵衛はその女房阿浜をすてて通りかかった羽柴勢にまぎれ入った。彼は侍分への出世を夢みていたのである。合戦間近の大溝城下で、源十郎はその陶器を数多注文した上臈風の美女にひかれる。彼女は朽木屋敷の若狭と名乗った。注文品を携えて屋敷を訪れた彼は、若狭と付添の老女から思いがけぬ饗応をうける。若狭のふと示す情熱。−−もう彼はこの屋敷からのがれられなかった。一方、戦場のどさくさまぎれに兜首を拾った藤兵衛は、馬と家来持ちの侍に立身する。しかし街道の遊女宿で白首姿におちぶれた阿浜とめぐりあい、涙ながらに痛罵される。日夜の悦楽から暫時足をぬいて町に出た源十郎は、一人の老僧に面ての死相を指摘される。屋敷に戻った源十郎は若狭たちに別れを切り出す。怒りの中引き留めようとする若狭たちだが、彼に触れることが出来ない。源十郎の背中には呪符がかかれていたためであった。翌朝源十郎は廃墟の中で目覚める。若狭たちは織田信長に滅された朽木一族の死霊だったのである。−−源十郎はとぼとぼと妻子のまつ郷里へ歩をかえした。戦禍に荒れはてた北近江の村。かたぶいた草屋根の下に、彼は久方ぶりでやせおとろえた宮木と向いあう。しかし一夜が明けて、彼女も幻と消えうせた。宮木は源十郎と訣別後、落ち武者の槍に刺され、すでにこの世を去っていたのである。−−源十郎は爾後の半生、宮木を弔いつつ陶器つくりに精進した。その傍らには、立身の夢破れて帰村した義弟、藤兵衛と阿浜の姿もあった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1953年
製作国 日本
配給 大映=大映京都
上映時間 97
チケット 前売りチケットを購入する