閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「犬夜叉/紅蓮〈ぐれん〉の蓬莱島〈ほうらいじま〉」(2004)

60点60
'96年に連載スタート以来、絶大なる支持を受ける同名マンガの劇場アニメ最新作。今回は、50年に1度だけ現れる“蓬莱島“を舞台に、犬夜叉の封印された秘密が明かされる。シリーズの集大成を目指して創り上げられた、オリジナル・ストーリーに注目だ。同時上映は『とっとこハム太郎』。

あらすじ

50年に一度、海上に姿を現す幻の島・蓬莱島から逃げ出した半妖の子・藍に助けを求められ、島を支配し、半妖の子をエネルギーの源として食らう、龍羅、凶羅、獣羅、剛羅の”四闘神“から、”爪の刻印“によって島内に囚われた他の半妖の子らを救出すべく、島へ渡った犬夜叉たち。そこで、生け贄になろうとしていた浅葱を”鳴動の釜“より救った彼らは、蓬莱島の護り神である奏より、四闘神の力を封じ込めた”玉匣の箱“を壊すよう託されるも、それを桔梗の複製に奪われてしまう。お陰で、強大なパワーを取り戻した四闘神は、近隣の漁村を破壊し始めた。しかし、怯んではいられない。実は、50年前、桔梗と共にこの島を訪れた際、爪の刻印をつけられていた犬夜叉は、四闘神との宿命の対決に臨む決意をする。折しも、導かれるように島にやって来た殺生丸らと共に、死闘を繰り広げた彼らは、合体し本性を現した四闘神に最後まで果敢に勝負を挑み続け、遂にかごめの破魔の矢と犬夜叉の爆竜波で、四闘神を倒すことに成功するのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2004年
製作国 日本
配給 東宝=サンライズ=小学館=小学館プロダクション=読売テレビ=読売テレビエンタープライズ=日本テレビ
公開日 2004年12月23日(木)公開
カテゴリ 冒険ロマン
チケット 前売りチケットを購入する