閉じるボタン

「じゃりン子チエ 劇場版」(1981)

【DVD発売中】

79点79
高畑勲監督がはるき悦巳の同名人気漫画を映画化。通天閣が見える大阪の下町に住む小学5年生のチエは“ウチは日本一不幸な少女や!“が口癖の女の子。そんな彼女がホルモン焼き屋を切り盛りしながら、バクチ好きの父親テツと家を出た母親をくっつけようと奮闘する姿を綴る。当時参議院議員だった中山千夏がチエの声を担当したほか、西川のりおなど関西のお笑いタレントが多数参加している。

あらすじ

チエは通天閣の見える街に住む小学校五年生の女の子。昼は学校へ行き、夜はバクチとケンカに明け暮れるアホおやじのテツにかわって、家業のホルモン焼き屋を一人で切りもりしている。チエの家の近所には、本気になったらテツより強い祖母のおバァと気の弱い祖父のおジィが住んでおり、家には小鉄という猫がいる。チエの一番の楽しみは、テツと別居中の母ヨシ江と会うことだ。しかし、二人が秘密で会っていることをテツはウスウス感づいており、それを心良く思っていない。テツのバクチの借金を取りに来た遊興倶楽部の社長は自慢の猫アントニオを小鉄にしかけるがあっさりとやられてしまった。数日後、愛猫を失いショックの社長は改心してお好み焼き屋を開き、テツもそこの用心棒の仕事にありつく。ヨシ江になつくチエの関心を引こうとテツは運動会の近いチエに運動靴をプレゼントする。昨年はゲタで三位のチエ、今年はダントツで優勝。チエの担任、花井先生の父、拳骨はヨシ江とテツの仲人だ。拳骨はおバァ以外に頭の上がらない人間の一人だ。そして、拳骨は別居中の二人を強引に一緒に住ませてしまう。ある日、アントニオの息子のジュニアがフラッと町に現れ小鉄に闘いを挑んだ。社長の心を察した小鉄はジュニアの猛攻撃に無抵抗で受ける。その姿にジュニアは心うたれ、小鉄を許し、そのまま社長のお好み焼き屋に住むことにした。以来、二匹はとてもいいコンビだ。チエの作文がコンクールで金賞を受賞した。「ホルモンを焼くお父さんの手伝いを早くしたい!……」と朗読するチエに「ウソつき」と呟きながらもテツの心は揺れる。翌日、ホルモンを焼くテツの姿に近所の連中はビックリ。しかし、皆の喜ぶ顔を見ながら、チエは「お父はん思ったらアカン、もとに戻ったときショックや、あれはパートのオッチャンや」と言いながらも、顔はフッとほころぶのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1981年
製作国 日本
配給 東宝=トムスエンタテインメント=ユニバーサルミュージック=双葉社
上映時間 110
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する