閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「宇宙大戦争」(1959)

【DVD発売中】

66点66
超低温下で重力がなくなる“冷却線“を使って、宇宙人・ナタールが地球侵略を開始した。地球の各地では、鉄橋が光りながら空中へ浮き上がったり、汽船が山に激突したり、海が凍って空に逆流したりと奇怪な事件が次々に起こる。科学者たちのグループは冷却線の攻撃に対抗すべく、熱線砲を開発、彼らの基地があると思われる月へと向かうが……。熱線砲を抱えて月へ出発するスピップ号、途中出くわす宇宙ステーション、そしてナタールの円盤群など、宇宙空間を舞台に特技監督・円谷英二の腕が全編に冴えわたったSF映画。1959年の製作とは思えない凝ったディテールと凄まじいアクションが魅力。

あらすじ

東海道線上り特急が鉄橋もろとも空中につり上げられ、破壊されるという怪事件が起った。これをはじめとして、世界各国ではこの種の事件が次々と発生した。東京の宇宙科学センターに集った世界の科学者たちによって、地球外の生物が発射する「冷却線」による物体の冷却と無重力化がその原因と判明した。これに対抗できるのは、まだ発明間もない「熱線砲」だけである。安達博士、勝宮、岩村両少壮科学者等は、早速宇宙センターで「熱線砲」の実験を公開した。ところが、その席上アーメッドという某国教授が、急に「熱線砲」を奪おうとした。勝宮の機転でそれが失敗すると、異様な円盤が現れて教授の肉体を瞬事に融かして去った。後には一片の金属板が残された。脳にこの金属板を移植され、教授は宇宙人の指令を受けて動いていたのである。魔手は次に岩村にのび、彼も金属板を移植されてしまった。一方、月の裏側に基地を作って、地球攻撃を計っているのが明らかになった。宇宙人ナタールに対して地球防衛軍は反攻体制を作った。原子力ロケット・スピップ二機が「熱線砲」を積んで出発した。安達博士や、勝宮、岩村、勝宮の恋人の科学センターに勤める白石江津子等がそれに乗りこんでいた。宇宙人の怪電波を受けた岩村の手による妨害をしりぞけ、スピップ一号と二号は、月についた。一行は火口壁を利用した宇宙人基地に潜入し、苦心のすえその中心部を破壊した。「熱線砲」は「冷却線」に勝ったのである。だが帰途につこうとするとスピップ一号は岩村の手で壊されていた。とび立つ二号機にも宇宙人の攻撃が迫った。その時、宇宙人基地破壊によって正気にかえった岩村が「熱線砲」で宇宙人を粉砕し、自からも死んだ。かくして、地球防衛戦は、地球側の勝利にきしたのである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 93
チケット 前売りチケットを購入する