閉じるボタン

「Mogura」(1996)

0点--
「それから」や「トカレフ」の音楽で知られる梅林茂の監督デビュー作。演奏の行き詰まりに苦悩する女性チェリストと、廃墟で暮らす自閉的な男。ふたりの出会いを抑制の効いたタッチで綴った映像詩ともいうべき作品だ。「ビリケン」の杉本哲太が静かな男に扮し、「南京の基督」のビル・ウォンが撮影を担当。

あらすじ

元ミュージシャンで、今は自分の将来に絶望して家に閉じ籠りっきりの男(Mogura)は、雑誌に写真の載っていた女性チェリストに恋をしてしまう。“東京クラシック・アカデミー”に通う写真の彼女は、チェリストとしての自分の才能や人生に思い悩む日々を過ごしていた。親友の第一ヴァイオリン奏者に相談してみても、解決には至らない。そんなある日、彼女は一通の手紙を受け取った。それは男からのもので、彼女と彼女の弾くチェロへの想いがつづられていた。初めは鬱陶しく思っていた彼女だったが、2通3通と受け取るうち、男に会ってみようと考えるようになる。ところが、男と会った彼女は、男の耳が聞こえないことを知り愕然となった。男は、彼女の分身とも言えるチェロの音を聞くことができないのだ。こんな人を馬鹿にした話があるかと、怒りを押さえ切れない彼女だったが、新たに届いた男からの手紙を読んで、もう一度彼に会いに行くことにした。彼女は男の部屋でチェロを演奏する。男は体全体で彼女のチェロを、そして彼女自身を感じ取るように踊るのであった。やがて、至福の時がふたりを包んでいく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1996年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド=バンダイビジュアル=WOWOW
上映時間 70
公開日 1996年10月19日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する