閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

春原政久(スノハラマサヒサ)

人物名 春原政久
出生地 長野県
デビュー作 1933年「青春の頃」
プロフィール 1929年、日活太秦撮影所に助監督として入社。監督としては、「愛の一家」(1941)あたりからコメディーに才能を見せ、1952年には“社長”シリーズの元となった「三等重役」を監督。戦後サラリーマン喜劇の原型を生み出した功績は大きい。

フィルモグラフィー