閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

松山善三(マツヤマゼンゾウ)

人物名 松山善三
出生地 兵庫県
デビュー作 1961年「名もなく貧しく美しく」
プロフィール 1948年、松竹大船撮影所助監督部に入社。その後、木下惠介の助監督となり、シナリオも書き続ける。当初は脚本家として名をはせ、その後監督に。聾唖者夫婦の愛を描いたデビュー作で評価され、その後もヒューマニズムあふれる作品を発表。夫人は女優の高峰秀子。

フィルモグラフィー