閉じるボタン

「アパートの鍵貸します」(1960)

ワイルダーの傑作を久しぶりに…

100点100点   2020/3/28 00:00 by jimmy09

この映画、久しぶりに観たが、やっぱり面白いビリー・ワイルダー監督の傑作!
学生時代から何回観たか分からない…(笑)

会社での昇進のため、上司の逢引きのために自分の部屋の鍵を貸す男バクスター(ジャック・レモン)。上司に部屋を貸す日にち(曜日管理)をしているが、真夜中に突然「今から部屋を貸せ」と言ってくる上司もいて、風邪ひいたりしながらつらい日々を送るバクスターは着々と昇進…。
バクスターはエレベーターガールのフラン(シャーリー・マクレーン)にほのかな恋心を寄せるのだが、偉い部長の愛人という衝撃の事実も知ることになる。
この部長を演じているのは、フレッド・マクマレイ。最近観たノワール映画『殺人者はバッヂをつけていた』では刑事なのに悪女(キム・ノヴァク)の魅力に負けて大金を得るため悪事に手を染めていく役を演じていた。個性的な俳優の存在感は、本作でも光る。

さすがビリー・ワイルダー監督作らしく、ウィットに富んでいて少しセンチメンタルな気持ちにもさせてくれる感動作!
テニスラケットでのスパゲッティは有名。
やはり、ジャック・レモンとシャーリー・マクレーンの雰囲気がたまらなくイイ映画。

名作